月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・ディーン元気が81m91で国内初戦飾る「冷静さ」求め気持ちコントロール/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の初日。男子やり投はディーン元気(ミズノ)が81m91を投げて優勝した。

「前半は70m中盤くらい」という気持ちで臨んで75m26。「少しずつ上げていく」という想定通りに試合を進め、4回目に80m68、優勝を決めたあとの6回目に81m91まで記録を伸ばした。

助走スピードは「もう少し上げたかった」ともいうが、「やりに力を伝えられたかな」と及第点を与えたディーン。1月からフィンランドに渡り、その後スペイン合宿を挟んで、最後は恒例となっている南アフリカでシーズンインした。フィンランドと南アフリカでは、やり投界のレジェンドであるT.ピトカマキ(フィンランド)にアドバイスをもらい、「上半身で投げる種目ではない」「自分よがりの投げをしない」と伝授された。

東京五輪を狙った昨年は「調子が良かっただけに気持ちをコントロールできずに悔しい思いをした」と反省。今季は「冷静に、と言い聞かせ」て、自分にフォーカスするように意識している。リラックスすることで無駄な力が入らないようにし、「助走から、しっかり潜り込む」ポイントを押さえた投げだった。

「やり投は5~6m簡単に記録が伸びる。セイコーゴールデングランプリでは優勝と、あわよくば世界選手権の参加標準記録85mも」と意気込む。「もう30歳なので」と笑うディーンは、成熟したスロワーとしてパリ五輪を迎えるための一歩目を踏み出した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com