月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大東大元監督の奈良修氏が愛知・豊川高の駅伝部男子監督就任へ「新しい旋風を起こしたい」


現役時代は大東大で箱根駅伝などに出場して活躍し、引退後は母校の指揮官を務めた奈良修氏が、5月1日付で愛知・豊川高駅伝部男子の監督に就任することが4月27日、わかった。

奈良氏は東京都出身の51歳。保善高から大東大に進学すると、箱根駅伝では4年連続で5区を務めた。山上りのスペシャリストとして1年時(1990年)には区間賞を獲得し、3年時(92年)には区間新記録を樹立。1、2年時には2年連続でチームの総合優勝に貢献した。

大学卒業後はNTNや日清食品グループで競技を続け、現役引退後は母校・大東大の男子長距離のコーチを経て2008年に監督に昇格した。箱根駅伝では翌09年に総合4位に導き、14、15年は2年連続のシード入り。その後、20年春から今年3月まで流経大で監督を務めていた。

豊川高は年末の全国高校駅伝に、男子がこれまで9回出場して優勝1回(2012年)、女子は12回出場して4度頂点(08年、09年、11年、13年)に立っている。

奈良氏にとって高校生の指導は初めて。「新しいチャレンジ。大変ありがたいお話をいただきました」と語った上で、「すぐにインターハイ路線があり、半年後には駅伝です。しっかりコミュニケーションを取って、あきらめない姿勢を持って取り組んでもらえるように指導したい。全国優勝に近づけるチームを作って、新しい旋風を起こせるようにしたいです」と意気込んだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com