月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

19年世界選手権女子5000m銀のキプケンボイがハーフで1時間5分26秒 /バルセロナ・ハーフマラソン


4月3日、スペイン・バルセロナでハーフマラソンが開催され、男子はH.テクル(エチオピア)が59分06秒で、女子はM.キプケンボイ(ケニア)が1時間5分26秒で制した。テクルは自己記録を33秒更新。女子優勝のキプケンボイは5000mの19年ドーハ世界選手権銀メダリストで、今回がハーフマラソン初挑戦だった。

2日にプラハ(チェコ)で行われたハーフマラソンでは男子がK.レンジュ(ケニア)が59分28秒で、女子はN.ジェプレティング(ケニア)が1時間6分57秒でそれぞれ優勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com