月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大東大新監督にOBの真名子圭・仙台育英高監督 高校での実績携え母校再建へ


2019年に男子の全国高校駅伝を制した仙台育英高監督の真名子圭氏が、4月1日付で母校の大東大男子長距離ブロック監督に就任することが3月11日、わかった。

真名子氏は三重県出身の43歳。四日市工高から大東大に進むと、3000m障害を専門にインカレなどで活躍した。箱根駅伝には4年連続で出場し、駅伝主将を務めた4年時には10区で区間新記録をマーク。2001年に本田技研(現・Honda)に入社し、全日本実業団対抗駅伝などに出場した。

現役引退後に母校で教員免許を取得すると、地元・三重での高校教員を経て、仙台育英高には2012年に着任。東日本大震災の影響による主力部員の転校後に指導することになったが、14年からは8年連続でチームを都大路に導いた。

17年に3位に入り、2年後には12年ぶり8回目の優勝。釜石慶太監督率いる女子とともに26年ぶり2度目の男女制覇を達成した。翌20年は2位、21年は3位と、3年連続でメダルを獲得している。

教え子には男子5000mのU20日本記録(13分25秒87)保持者で、今年の箱根駅伝1区区間新の吉居大和(現・中大)、弟の駿恭(4月から中大進学)などがいる。

大東大は箱根駅伝に50回出場して総合優勝は4回。全日本大学駅伝は7度、出雲駅伝は1度制し、1990年度には学生三大駅伝3冠に輝いた。だが、近年は低迷し、箱根駅伝には2019年の本戦に出場した後、3年連続で予選会で敗退。チーム再建へ真名子氏の手腕に注目が集まる。

後任の仙台育英高男子監督は後日発表される見込み。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com