月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

株式会社ROOTSがユメオミライと業務提携 大瀬戸一馬ら所属選手はROOTS に移籍


株式会社ROOTSは18日、ユメオミライ株式会社と業務提携を締結し、ユメオミライが保有する陸上クラブおよび実業団チームユメオミライを2022年4月から運営することを発表した。

ユメオミライは08年北京五輪など4×400mリレーの日本代表として活躍した堀籠佳宏氏が代表を務め、小学生~高校生まで累計5000人ほどが所属する「ゆめおり陸上クラブ」(東京)、「ちはや陸上クラブ」(神奈川)などを手掛けている。

株式会社ROOTSはパーソナルジムやスポーツチームの運営などの事業をもとに、アスリートのデュアルキャリアをサポートするなどしている。

今回の業務提携により、クラブの運営をROOTSに委託。これに伴い、2015年ワールドリレー4×100m銅メダリストの大瀬戸一馬ら、所属する7選手が2022年度からROOTSに転籍するかたちとなる。また、1988年ソウル五輪4×100mリレー日本代表の松原薫氏ら、従業員もあわせてROOTSに転籍する

なお、堀籠氏はスポーツ事業部門のアドバイザー、実業団チームの監督に就任する。

ユメオミライには大瀬戸の他に、男子400mハードルの高田一就、女子100mハードルの佐々木天ら所属している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com