月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5月の10000m日本選手権&ゴールデンGPは国立競技場での開催が決定!


日本陸連は、今年5月に行われる10000mの日本選手権と、ゴールデングランプリの日程と会場を発表した。

日本選手権10000mは5月7日、ゴールデングランプリ陸上2022は5月8日に開催され、ともに会場は東京・国立競技場に決まった。日本選手権10000mはオレゴン世界選手権の代表選考会で、参加標準記録突破者(当日のレース含む)で3位以内に入れば代表に内定する。

ゴールデングランプリは2011年から開催されており、今年で11回目。13、14年には旧国立競技場で行われ、20年8月には新設された国立競技場で初の陸上競技主要大会として実施され、女子1500mでは田中希実(豊田自動織機TC)が日本記録を樹立。昨年は「ゴールデングランプリ」としてではなく、東京五輪のテストイベントとして「READY STEADY TOKYO」が国立競技場で行われている。

今大会は世界陸連のコンチネンタルツアーのカテゴリー「ゴールド」で、東京五輪後初の「国際大会」。海外招待選手も想定され、ワールドランキングで世界選手権出場を狙う上でも重要な大会となりそうだ。

東京五輪も含め、これまで国立競技場で開催された陸上の大会はすべて「無観客」。まだ詳細は発表されていないが、有観客となれば初めてのこととなる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com