月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

マラソン五輪連覇のキプチョゲ次は「ワールドメジャーズ全制覇&五輪3連覇」引退は「考えていない」


写真/Agence SHOT

男子マラソンで世界記録2時間1分39秒、非公認で1時間59分40秒を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、このほど月刊陸上競技のインタビューに応じ、今後の目標について明かした。

キプチョゲは36歳で臨んだ今夏の東京五輪を、一人別次元の強さを見せて2時間8分38秒で優勝。16年リオ五輪に続いて、2大会連続で金メダルを獲得した。11月には37歳になったキプチョゲ。現在も「故障もない」と順調に練習を再開しており「引退はまったく考えていない」と語る。

五輪後の目標については、「ワールドマラソンメジャーズ全制覇」だというキプチョゲ。ワールドメジャーズとは、東京、ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークの6大会のこと(五輪・世界選手権もポイント対象大会)。キプチョゲはこれまでロンドンを4度、ベルリンでは18年の世界記録樹立を含め3度制している。14年にシカゴも優勝しており、残す大会は東京、ボストン、ニューヨークの3大会。22、23年にかけて参戦する意向を持ち、「東京に出場したい」と意欲を示す。

その上で、「ここまでくればオリンピックの3連覇に挑戦することは当然の流れ。この先、何が起こるかは誰にも予測できませんが、人間の能力は無限だと思っています。近道はありません。一歩一歩、地味な努力の積み重ねが大事です」と、3年後のパリ五輪で3大会連続金メダルを狙う。マラソンでの3連覇となれば史上初となる。

このほか、現在の状態、練習のスケジュール、五輪への挑戦など、月刊陸上競技2月号のインタビューで詳しく応えている。

■キプチョゲのマラソン全成績
2013年
ハンブルク優勝2.05.30
ベルリン2位2.04.05=当時世界歴代4位
2014年
ロッテルダム優勝2.05.00
シカゴ優勝2.04.11
2015年
ロンドン優勝2.04.42
ベルリン優勝2.04.00=当時世界歴代6位
2016年
ロンドン優勝2.03.05=当時世界歴代2位
リオ五輪優勝2.08.44
2017年
ベルリン優勝2.03.32
2018年
ロンドン優勝2.04.17
ベルリン優勝2.01.39=世界記録
2019年
ロンドン優勝2.02.37
2020年
ロンドン8位2.06.49
2021年
NN Mission優勝2.04.30
東京五輪優勝2.08.38
●その他自己ベスト
5000m12分46秒53
10000m26分49秒02
非公認マラソン1時間59分40秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com