HOME ニュース、海外

2021.12.30

マラソン五輪連覇のキプチョゲ次は「ワールドメジャーズ全制覇&五輪3連覇」引退は「考えていない」
マラソン五輪連覇のキプチョゲ次は「ワールドメジャーズ全制覇&五輪3連覇」引退は「考えていない」


写真/Agence SHOT

男子マラソンで世界記録2時間1分39秒、非公認で1時間59分40秒を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、このほど月刊陸上競技のインタビューに応じ、今後の目標について明かした。

キプチョゲは36歳で臨んだ今夏の東京五輪を、一人別次元の強さを見せて2時間8分38秒で優勝。16年リオ五輪に続いて、2大会連続で金メダルを獲得した。11月には37歳になったキプチョゲ。現在も「故障もない」と順調に練習を再開しており「引退はまったく考えていない」と語る。

五輪後の目標については、「ワールドマラソンメジャーズ全制覇」だというキプチョゲ。ワールドメジャーズとは、東京、ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークの6大会のこと(五輪・世界選手権もポイント対象大会)。キプチョゲはこれまでロンドンを4度、ベルリンでは18年の世界記録樹立を含め3度制している。14年にシカゴも優勝しており、残す大会は東京、ボストン、ニューヨークの3大会。22、23年にかけて参戦する意向を持ち、「東京に出場したい」と意欲を示す。

その上で、「ここまでくればオリンピックの3連覇に挑戦することは当然の流れ。この先、何が起こるかは誰にも予測できませんが、人間の能力は無限だと思っています。近道はありません。一歩一歩、地味な努力の積み重ねが大事です」と、3年後のパリ五輪で3大会連続金メダルを狙う。マラソンでの3連覇となれば史上初となる。

このほか、現在の状態、練習のスケジュール、五輪への挑戦など、月刊陸上競技2月号のインタビューで詳しく応えている。

■キプチョゲのマラソン全成績
2013年
ハンブルク優勝2.05.30
ベルリン2位2.04.05=当時世界歴代4位
2014年
ロッテルダム優勝2.05.00
シカゴ優勝2.04.11
2015年
ロンドン優勝2.04.42
ベルリン優勝2.04.00=当時世界歴代6位
2016年
ロンドン優勝2.03.05=当時世界歴代2位
リオ五輪優勝2.08.44
2017年
ベルリン優勝2.03.32
2018年
ロンドン優勝2.04.17
ベルリン優勝2.01.39=世界記録
2019年
ロンドン優勝2.02.37
2020年
ロンドン8位2.06.49
2021年
NN Mission優勝2.04.30
東京五輪優勝2.08.38
●その他自己ベスト
5000m12分46秒53
10000m26分49秒02
非公認マラソン1時間59分40秒

写真/Agence SHOT 男子マラソンで世界記録2時間1分39秒、非公認で1時間59分40秒を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、このほど月刊陸上競技のインタビューに応じ、今後の目標について明かした。 キプチョゲは36歳で臨んだ今夏の東京五輪を、一人別次元の強さを見せて2時間8分38秒で優勝。16年リオ五輪に続いて、2大会連続で金メダルを獲得した。11月には37歳になったキプチョゲ。現在も「故障もない」と順調に練習を再開しており「引退はまったく考えていない」と語る。 五輪後の目標については、「ワールドマラソンメジャーズ全制覇」だというキプチョゲ。ワールドメジャーズとは、東京、ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークの6大会のこと(五輪・世界選手権もポイント対象大会)。キプチョゲはこれまでロンドンを4度、ベルリンでは18年の世界記録樹立を含め3度制している。14年にシカゴも優勝しており、残す大会は東京、ボストン、ニューヨークの3大会。22、23年にかけて参戦する意向を持ち、「東京に出場したい」と意欲を示す。 その上で、「ここまでくればオリンピックの3連覇に挑戦することは当然の流れ。この先、何が起こるかは誰にも予測できませんが、人間の能力は無限だと思っています。近道はありません。一歩一歩、地味な努力の積み重ねが大事です」と、3年後のパリ五輪で3大会連続金メダルを狙う。マラソンでの3連覇となれば史上初となる。 このほか、現在の状態、練習のスケジュール、五輪への挑戦など、月刊陸上競技2月号のインタビューで詳しく応えている。 ■キプチョゲのマラソン全成績 2013年 ハンブルク優勝2.05.30 ベルリン2位2.04.05=当時世界歴代4位 2014年 ロッテルダム優勝2.05.00 シカゴ優勝2.04.11 2015年 ロンドン優勝2.04.42 ベルリン優勝2.04.00=当時世界歴代6位 2016年 ロンドン優勝2.03.05=当時世界歴代2位 リオ五輪優勝2.08.44 2017年 ベルリン優勝2.03.32 2018年 ロンドン優勝2.04.17 ベルリン優勝2.01.39=世界記録 2019年 ロンドン優勝2.02.37 2020年 ロンドン8位2.06.49 2021年 NN Mission優勝2.04.30 東京五輪優勝2.08.38 ●その他自己ベスト 5000m12分46秒53 10000m26分49秒02 非公認マラソン1時間59分40秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top