月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

来年2月の鹿児島室内競技会に小池祐貴、兒玉芽生ら東京五輪代表が集結!招待選手を発表


来年2月13日に行われるJapan Athlete Games in Osaki(2022JAG大崎大会/鹿児島)の招待選手とエントリーリストが発表された。

招待選手として、男子60mには東京五輪100m代表の小池祐貴(住友電工)がエントリー。また、女子60mには同じく東京五輪に出場した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)と青木益未(七十七銀行)、同100mにも五輪代表の兒玉芽生(福岡大)が招待選手として出場を予定している。男子4×400mリレーの五輪代表・伊東利来也(住友電工)も60mと100mに登録した。

一般のエントリーリストには、2019年ドーハ世界選手権代表の白石黄良々(セレスポ)が100mに、110mハードルで13秒38を持つ野本周成(愛媛陸協)は60mハードルに、棒高跳の日本選手権王者・竹川倖生(丸元産業)など、各種目のトップアスリートの名が挙がる。また、パラ種目も実施され、前川楓(新日本住設)らが出場を予定している。

同大会はコロナ禍により20年度に予定されていた鹿児島国体が23年に延期したことを受け、競技会の機会を作り、地元・鹿児島の中高生に夢を与えたいという思いから第1回目を今年2月に実施。会場となる「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」は、国内随一の陸上専用トレーニング施設で、国内唯一の陸連公認の室内直線100mトラックなど、充実した環境を誇る。

■招待競技者一覧(12月23日時点)
男子
60m 小池祐貴(住友電工)
60m/100m 伊東利来也(住友電工)
100m 白石黄良々(セレスポ)
女子
60m 鶴田玲美(南九州ファミリーマート)
60m 青木益未(七十七銀行)
100m 兒玉芽生(福岡大)
パラ男子
100m/走幅跳(T63) 吉田知樹(広島建設)
100m/走幅跳(T64) 又吉康十(ゼンリンDC)
パラ女子
100m/走幅跳(T63) 前川 楓(新日本住設)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com