月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Road to OREGON22 橋岡優輝 「血眼になって、がむしゃらに」

長く待たされた東京五輪も始まってしまえばあっという間に幕を閉じた。アスリートたちはすでに2022年オレゴン世界選手権、そして3年後のパリ五輪に向けて歩みを進めている。男
子走幅跳で6位入賞を果たした橋岡優輝(富士通)もその一人。すでに冬季練習も本格化し、苦しい練習の日々を送っている。届かなかったものを手にするために。日本陸上界を背負っ
て立つ男の瞳は、飢えた獣のようだった。
構成/向永拓史 撮影/小川和行

出力が上がったからこその難しさ

6位入賞を果たした東京五輪を終えた直後は、悔しさのあまりすぐに選手村を離れた。その後の2週間は何も手につかず、テレビも見ずに情報をシャットアウト。「悔しいだけだった」。トップアスリートとして迎えた初めてのオリンピックイヤーをどう振り返るのか。

――2021年はどんなシーズンだったと総括していますか。

橋岡 順調と言えば順調だったと思いますが、いまいち「つかみきれない」シーズンだったと思います。技術的、感覚的な部分もそうですし、アベレージを考えれば日本記録(8m40)も更新できたと思います。そういった部分で、目標を達成しきれなかった。あと少し、という感じです。

―― 毎年、「あと少し」という言葉が出ますね。

橋岡 全部達成するより、それくらいの感じがちょうどいいのかなって思います。

――初戦となった3月の日本選手権室内で、室内日本記録の8m19を跳びました。

橋岡 室内では助走路や助走距離も(屋外とは)違うので感覚的には少し違うのですが、あの時期の室内であれだけ跳べたというのは自信がつきました。

―― 屋外初戦だった4月の織田記念を振り返ると?

橋岡 21年に関しては織田記念が一番調子は良かったですね。ほとんどファウルでしたが、1本は実測で8m50くらい出ていました。感覚的にもそれが一番良かったと思います。

――6本ともすごい飛距離でした。初戦から調子が良かったのは、何か冬季、室内とつながった部分があったのでしょうか。

橋岡 普段より少し早いシーズンインだったので、例年以上に4月から身体が動いたのかもしれません。もしくは、4月で身体が動ききらないがゆえに何かがうまく噛み合ったか。それともコントロールできなかったからこそ、素直な跳躍になったのか。なぜ調子が良かったのかは今ひとつわかっていないのですが……。

―― 今シーズンはファウルが多かったです。その原因はどう分析されたのでしょう。

橋岡 まず身体がすごく動くようになったことです。今までは自分がコントロールできる範囲で踏み切りまで持っていけていました。今季はそれよりももう一段階出力が上がるようになって、身体が動くところでコントロールできない部分がありました。動きはいいけどファウルになる。

――5月のREADY STEADY TOKYOでは8m07(+1.8)で優勝しましたが4回ファウル。6月の日本GP新潟大会では8m23(+1.3)も2回ファウルでした。日本選手権も最初の2回失敗(8m36 /+0.6の自己新で優勝)。橋岡選手をもってしても修正が難しかったですか。

橋岡 東京五輪まで、結構大きな出力を出したまま跳んでいました。だから、ファウルはするけどある程度記録が出る。そこはなかなか修正できませんでした。
――課題だった空中姿勢から着地はどうですか?

橋岡 だいぶうまくなってきたと思いますが、相変わらずへたくそです(笑)。なるべく脚を前に出してキープすることしか考えていない。シザースは本当に〝バカ難しい〟ですね。

――一方で、シーズン通して不調だった時期というのはないように思いました。

橋岡 そうですね。調整がうまくいかない、という感じはありませんでした。さすがにオリンピックはもう少し跳びたかったなと思っていますが。

この冬、さらなるベースアップを目指す

ベースアップが進み手応えをつかんだシーズンだったが、やはり東京五輪の悔しさが消えることはない。2022年にはオレゴン世界選手権を控える。3年後のパリ五輪は「待ち遠しくない」。やることは山積み。だからこそ前を向き、突き進んでいる。

この続きは2021年12月14日発売の『月刊陸上競技1月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com