月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ドーピング問題抱えるロシア 23年世界選手権は「中立選手」20人までに決定

世界陸連(WA)は12月1日モナコで評議会を開き、組織的なドーピング問題で資格停止処分を科しているロシア陸連に対し、来年のオレゴン世界選手権など主要国際大会について、ドーピング違反を犯していないと証明できる選手について「中立選手」として20人まで参加することを認めた。なお、今年の東京五輪は上限10人だった。

ロシア陸連は2015年11月から処分を受けており、現在も資格回復に向けて改革を進めているが、今年11月に行われた評議会では取り組みについて、「資格回復に向けて着実に前進しているが、まだなすべきことが多い」と記載され、処分延長が決まっている。

また、2024年の世界室内選手権の開催地が英国グラスゴーに、同年U20世界選手権の開催地がペルー・リマに、それぞれ決定した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com