月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

来夏開催の世界選手権のタイムテーブルが発表 男女マラソンは午前6時15分にスタート


来年7月に米国・オレゴン州ユージンで開催される世界選手権のタイムテーブルが発表された。7月15日から25日の10日間行われ、午前・午後のセッションが実施される。5日目から7日目(19日~21日)は午後セッションのみを行なう。

1日目(15日)の午前セッションでは最初の決勝種目・女子20km競歩が13時10分(現地時間、以下同)から行われ、男子20km競歩も15時10分からスタート。注目の男子100m決勝は2日目(16日)の午後に行われる。翌17日は女子100m決勝が行われる。

東京五輪で男女ともに世界新記録が誕生した400mハードルは男子が5日目(19日)、女子が8日目(22日)に決勝を実施。4×100mリレーは男女ともに8日目(22日)に予選、9日目(23日)に決勝が行われる。
マラソンは男子が3日目(17日)、女子が4日目(18日)でいずれも午前6時15分にスタート。新設の35km競歩は、女子が8日目(22日)、男子が最終日(25日)で、こちらも男女ともに午前6時15分に競技が開始される。

フィールド競技は4日目(18日)の女子三段跳決勝、最終10日目(25日)の男子棒高跳決勝などに注目が集まりそうだ。男女ハンマー投を除くいずれの種目も午後セッションに決勝が行われる。日本から3名が東京五輪に出場した男子走幅跳は予選が1日目(15日)、決勝が2日目(16日)に行われる。また、オレゴン州出身で男子十種競技の前世界記録保持者のアシュトン・イートンに敬意を表して、男子十種競技の1500mが個人種目では最後(25日19時20分)にスタートするスケジュールが組まれた。その後、男女の4×400mリレーで大会は締めくくられる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com