月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

洛南高・佐藤圭汰5000mで13分31秒19の高校新!1500mと2種目の高校記録保持者に

10月3日に行われた日体大長距離競技会の男子5000mで、京都・洛南高3年の佐藤圭汰が13分31秒19をマーク。石田洸介(東農大二高、現・東洋大)が昨年マークした13分34秒74の高校記録を更新した。この記録はU20日本歴代4位、U18日本新、今季U18世界ランキングのトップとなる快走だった。これで佐藤は1500m(3分37秒18)と2種目で高校記録保持者に。

現地の関係者によると、佐藤は1000mを2分38秒で通過。3000m付近でケニア人選手から離れるもその後は日本人集団を引っ張るかたちに。その後、4000mを10分52秒前後で走ってラストまで駆け抜け、13分31秒19で実業団ランナーを抑えて日本人トップの5着だった。

佐藤は昨年12月の全国高校駅伝で3区を走ってチームの高校記録(2時間2分07秒で3位)樹立に貢献。今年は6月の日本選手権1500mで8位入賞を果たすと、7月のホクレンディスタンス千歳大会1500mで、佐藤清治(佐久長聖高)が1999年に作った高校記録3分38秒49を22年ぶりに更新する3分37秒18(日本歴代3位)をマークした。夏のインターハイでは1500m優勝、5000mで日本人トップの4位となり、洛南高の総合優勝に貢献している。

また、同レースでは吉岡大翔(佐久長聖高2長野)も13分38秒96をマーク。高校歴代4位、U18日本歴代3位の好記録で、北村聡(西脇工高・兵庫)が2002年にマークした13分45秒86を大きく更新する高2歴代最高となった。

■男子5000m高校歴代10傑(2021.10.3時点)
13.31.19 佐藤圭汰(洛南3京都)   2021年
13.34.74 石田洸介(東農大二3群馬) 2020年
13.36.57 伊藤大志(佐久長聖3長野) 2020年
13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖2長野) 2021年
13.39.87 佐藤秀和(仙台育英3宮城) 2004年
13.44.91 土橋啓太(大牟田3福岡)  2002年
13.45.23 佐藤悠基(佐久長聖3長野) 2004年
13.45.28 鶴川正也(九州学院3熊本) 2020年
13.45.86 北村 聡(西脇工2兵庫)  2002年
13.46.95 山口智規(学法石川3福島) 2021年

■男子50000m高2歴代5傑(2021.10.3時点)
13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖・長野) 2021年
13.45.86 北村 聡(西脇工・兵庫)  2002年
13.49.81 山口智規(学法石川・福島) 2020年
13.50.51 遠藤日向(学法石川・福島) 2015年
13.50.67 吉田圭太(世羅・広島)   2015年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com