HOME 高校

2021.10.03

洛南高・佐藤圭汰5000mで13分31秒19の高校新!1500mと2種目の高校記録保持者に
洛南高・佐藤圭汰5000mで13分31秒19の高校新!1500mと2種目の高校記録保持者に

10月3日に行われた日体大長距離競技会の男子5000mで、京都・洛南高3年の佐藤圭汰が13分31秒19をマーク。石田洸介(東農大二高、現・東洋大)が昨年マークした13分34秒74の高校記録を更新した。この記録はU20日本歴代4位、U18日本新、今季U18世界ランキングのトップとなる快走だった。これで佐藤は1500m(3分37秒18)と2種目で高校記録保持者に。

現地の関係者によると、佐藤は1000mを2分38秒で通過。3000m付近でケニア人選手から離れるもその後は日本人集団を引っ張るかたちに。その後、4000mを10分52秒前後で走ってラストまで駆け抜け、13分31秒19で実業団ランナーを抑えて日本人トップの5着だった。

佐藤は昨年12月の全国高校駅伝で3区を走ってチームの高校記録(2時間2分07秒で3位)樹立に貢献。今年は6月の日本選手権1500mで8位入賞を果たすと、7月のホクレンディスタンス千歳大会1500mで、佐藤清治(佐久長聖高)が1999年に作った高校記録3分38秒49を22年ぶりに更新する3分37秒18(日本歴代3位)をマークした。夏のインターハイでは1500m優勝、5000mで日本人トップの4位となり、洛南高の総合優勝に貢献している。

また、同レースでは吉岡大翔(佐久長聖高2長野)も13分38秒96をマーク。高校歴代4位、U18日本歴代3位の好記録で、北村聡(西脇工高・兵庫)が2002年にマークした13分45秒86を大きく更新する高2歴代最高となった。

■男子5000m高校歴代10傑(2021.10.3時点)
13.31.19 佐藤圭汰(洛南3京都)   2021年
13.34.74 石田洸介(東農大二3群馬) 2020年
13.36.57 伊藤大志(佐久長聖3長野) 2020年
13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖2長野) 2021年
13.39.87 佐藤秀和(仙台育英3宮城) 2004年
13.44.91 土橋啓太(大牟田3福岡)  2002年
13.45.23 佐藤悠基(佐久長聖3長野) 2004年
13.45.28 鶴川正也(九州学院3熊本) 2020年
13.45.86 北村 聡(西脇工2兵庫)  2002年
13.46.95 山口智規(学法石川3福島) 2021年

■男子50000m高2歴代5傑(2021.10.3時点)
13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖・長野) 2021年
13.45.86 北村 聡(西脇工・兵庫)  2002年
13.49.81 山口智規(学法石川・福島) 2020年
13.50.51 遠藤日向(学法石川・福島) 2015年
13.50.67 吉田圭太(世羅・広島)   2015年

10月3日に行われた日体大長距離競技会の男子5000mで、京都・洛南高3年の佐藤圭汰が13分31秒19をマーク。石田洸介(東農大二高、現・東洋大)が昨年マークした13分34秒74の高校記録を更新した。この記録はU20日本歴代4位、U18日本新、今季U18世界ランキングのトップとなる快走だった。これで佐藤は1500m(3分37秒18)と2種目で高校記録保持者に。 現地の関係者によると、佐藤は1000mを2分38秒で通過。3000m付近でケニア人選手から離れるもその後は日本人集団を引っ張るかたちに。その後、4000mを10分52秒前後で走ってラストまで駆け抜け、13分31秒19で実業団ランナーを抑えて日本人トップの5着だった。 佐藤は昨年12月の全国高校駅伝で3区を走ってチームの高校記録(2時間2分07秒で3位)樹立に貢献。今年は6月の日本選手権1500mで8位入賞を果たすと、7月のホクレンディスタンス千歳大会1500mで、佐藤清治(佐久長聖高)が1999年に作った高校記録3分38秒49を22年ぶりに更新する3分37秒18(日本歴代3位)をマークした。夏のインターハイでは1500m優勝、5000mで日本人トップの4位となり、洛南高の総合優勝に貢献している。 また、同レースでは吉岡大翔(佐久長聖高2長野)も13分38秒96をマーク。高校歴代4位、U18日本歴代3位の好記録で、北村聡(西脇工高・兵庫)が2002年にマークした13分45秒86を大きく更新する高2歴代最高となった。 ■男子5000m高校歴代10傑(2021.10.3時点) 13.31.19 佐藤圭汰(洛南3京都)   2021年 13.34.74 石田洸介(東農大二3群馬) 2020年 13.36.57 伊藤大志(佐久長聖3長野) 2020年 13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖2長野) 2021年 13.39.87 佐藤秀和(仙台育英3宮城) 2004年 13.44.91 土橋啓太(大牟田3福岡)  2002年 13.45.23 佐藤悠基(佐久長聖3長野) 2004年 13.45.28 鶴川正也(九州学院3熊本) 2020年 13.45.86 北村 聡(西脇工2兵庫)  2002年 13.46.95 山口智規(学法石川3福島) 2021年 ■男子50000m高2歴代5傑(2021.10.3時点) 13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖・長野) 2021年 13.45.86 北村 聡(西脇工・兵庫)  2002年 13.49.81 山口智規(学法石川・福島) 2020年 13.50.51 遠藤日向(学法石川・福島) 2015年 13.50.67 吉田圭太(世羅・広島)   2015年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top