HOME ニュース、海外

2021.08.27

フレイザー・プライスが100m10秒60!自己記録を0.03秒更新する世界歴代3位、三段跳はロハスが15m56w/DLローザンヌ
フレイザー・プライスが100m10秒60!自己記録を0.03秒更新する世界歴代3位、三段跳はロハスが15m56w/DLローザンヌ


ダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会が8月26日、スイスの同地で行われ、女子100mでは、東京五輪銀メダリストのS.A・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が6月にマークした自己記録を0.03秒更新する世界歴代3位の10秒60(+1.7)で制した。2位には東京五輪金メダリストのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)がサードベストの10秒64で入った。

女子三段跳では東京五輪を世界新記録(15m67)で圧勝したY.ロハス(ベネズエラ)が1回目に15m56(+3.5)をマークして優勝。4回目に出したセカンドベストの15m52(+0.6)はダイヤモンドリーグ記録、大会新記録だった。

広告の下にコンテンツが続きます

男子砲丸投は世界記録保持者(23m37)で東京五輪では2連覇を達成したR.クルーザー(米国)が大会新の22m81で快勝。男子200mは東京五輪銀メダルのK.ベドナレク(米国)が追い風参考ながら19秒65(+3.2)で勝った。

男子棒高跳は東京五輪金メダリストのA.デュプランティス(スウェーデン)が5m62で4位に敗れる波乱。優勝は東京五輪では銀メダルだったC.ニールセン(米国)が5m82で制した。

女子走高跳は東京五輪で悲願の金メダルを手にしたM.ラシツケネ(ロシア)が1m98に成功。試技数差でY.マフチフ(ウクライナ)を抑えて勝った。

女子走幅跳は最終6回目のファイナル・スリー(5回目までの上位3名による最終試技の記録で順位を決める)でもっとも記録が良かった東京五輪4位のI.スパノビッチ(セルビア)が優勝。ただ、ベスト記録では5回目に6m85(+2.3)を跳んだスパノビッチに対し、2位のK.サグニア(スウェーデン)が3回目の6m92(+1.0)で上回った。

広告の下にコンテンツが続きます
ダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会が8月26日、スイスの同地で行われ、女子100mでは、東京五輪銀メダリストのS.A・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が6月にマークした自己記録を0.03秒更新する世界歴代3位の10秒60(+1.7)で制した。2位には東京五輪金メダリストのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)がサードベストの10秒64で入った。 女子三段跳では東京五輪を世界新記録(15m67)で圧勝したY.ロハス(ベネズエラ)が1回目に15m56(+3.5)をマークして優勝。4回目に出したセカンドベストの15m52(+0.6)はダイヤモンドリーグ記録、大会新記録だった。 男子砲丸投は世界記録保持者(23m37)で東京五輪では2連覇を達成したR.クルーザー(米国)が大会新の22m81で快勝。男子200mは東京五輪銀メダルのK.ベドナレク(米国)が追い風参考ながら19秒65(+3.2)で勝った。 男子棒高跳は東京五輪金メダリストのA.デュプランティス(スウェーデン)が5m62で4位に敗れる波乱。優勝は東京五輪では銀メダルだったC.ニールセン(米国)が5m82で制した。 女子走高跳は東京五輪で悲願の金メダルを手にしたM.ラシツケネ(ロシア)が1m98に成功。試技数差でY.マフチフ(ウクライナ)を抑えて勝った。 女子走幅跳は最終6回目のファイナル・スリー(5回目までの上位3名による最終試技の記録で順位を決める)でもっとも記録が良かった東京五輪4位のI.スパノビッチ(セルビア)が優勝。ただ、ベスト記録では5回目に6m85(+2.3)を跳んだスパノビッチに対し、2位のK.サグニア(スウェーデン)が3回目の6m92(+1.0)で上回った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top