月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100m多田修平予選敗退「自分の走りがまったくできなかった」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目
陸上競技2日目のイブニングセッションで男子100m予選が行われ、今年の日本選手権を制した多田修平(住友電工)が1組に入り、10秒22(+0.2)をマーク。得意のスタートで出られることができず、組6着。2組目を終えて予選敗退が決まった。

「自分の走りがまったくできなかった」と多田。スタートで「隣の選手に前に出られてしまった」ことで焦りが出た。初五輪で「すごく緊張した」ものの「そのなかでも自分の走りを貫けないと強い選手になれない」と悔しがった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com