月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子400mハードルでボルが世界歴代4位の52秒37で優勝 /DLストックホルム


7月4日、ストックホルム(スウェーデン)でダイヤモンドリーグの第5戦が開催され、女子400mハードルのF.ボル(オランダ)が世界歴代4位の52秒37で優勝した。21歳のボルは19年の世界選手権では準決勝落ち。昨シーズンまでは53秒79がベストだったが、今季は400mでもオランダのナショナルレコードを更新するなどスピードを強化して記録を縮めてきた。東京五輪は400mにはエントリーせず、400mハードルに絞って参戦する。また、2位に入った2015年北京世界選手権の銀メダリスト・S.リトル(米国)も52秒39の世界歴代5位と好タイムで続いた。この種目では6月にS.マクラフリン(米国)が51秒90の世界記録を樹立している。

男子棒高跳では世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が6m02で快勝。3日前のオスロでのダイヤモンドリーグと同様、優勝記録を跳んだあとに6m19の世界記録までバーを上げたがクリアはならなかった。

女子走高跳はY.マフチフ(ウクライナ)が2m03の今季世界最高で勝利。2位はN.マクダーモット(豪州)で、自己ベストの2m01を跳び、オセアニア記録を更新した。また、男子400mハードルでは20歳のA.ドス・サントス(ブラジル)が47秒34の南米新記録で優勝を飾った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com