月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子110mH予選は金井大旺、高山峻野、石川周平が1着通過/布勢スプリント


◇布勢スプリント(6月6日/鳥取・布勢総合運動公園陸上競技場)

男子110mH予選は13秒16の日本記録保持者・金井大旺(ミズノ)、前日本記録保持者でドーハ世界選手権セミファイナリスト・高山峻野(ゼンリン)らが出場した。

0.8mの向かい風となった1組は金井が13秒48で1着を占め、6月1日の木南記念でU20日本最高の13秒35をマークした村竹ラシッド(順大)が僅差で続いた。

2組は今季2戦目の高山は1着ながら13秒67(+0.7)とタイムは伸び悩んだ。

3組は石川周平(富士通)が13秒53(+0.7)で1着だった。

決勝は13時50分に行われる予定。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com