月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

サニブラウン日本選手権「出るからには2冠」東京五輪経て「人として成長できれば」


男子100mの日本記録保持者サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が初戦を終え、代表取材に応じた。

5月31日に拠点とする米国で100mに出場。19年ドーハ世界選手権以来の実戦となったサニブラウンは10秒25(+3.6)だった。

ケガなどやコロナ禍もあって実戦から遠ざかっていたサニブラウン。「最後に走ったのがドーハ。長い間走っていなかったのでとても新鮮でした」と今季初戦を終えた感想を語る。惜しくも予選敗退となり1本にとどまったが、「ウォーミングアップも気持ち良く走って、ケガがなければいいと思っていた。レース自体はあまり良くなかったと思いますが、久しぶりに走れたからプラスかな」と前向きに捉えた。

1年前に現所属に練習拠点を変更。高校卒業後に師事したレイナ・レイダー氏の元で練習を積む。「低くなっていた重心も戻ってきましたし、強みである後半でフォームがばらけて失速していた部分も直ってきています」と手応えはある。

東京五輪を間近に控え「あっという間」とサニブラウン。5年前のリオ五輪イヤーはケガのため選考会だった日本選手権にも出場できず。「5年前というのがビックリで、つい、この間のような気がする」と笑う。

すでに100mと200mで東京五輪の参加標準記録は突破済み。日本選手権で3位以内に入れば初のオリンピック代表に内定する。

「練習はしっかりできています。今季2レース目になるので、ラウンドごとに修正して、決勝ではドンっとしっかりいければ。日本の選手たちも仕上げているので、スタートから出たい。オリンピックの予行演習と思って全力でいければと思います」

公言通り、100mと200mの2種目に出場予定。「出るからには2冠したい」と意気込みを語る。

東京出身のサニブラウンにとって、まさに地元のオリンピックとなるが、「自分はまだ22歳。東京オリンピックを経て人として成長できるのが一番。ゴールではないですし、ここから自分がどうなっていくのか」と、あくまで通過点だと位置づけている。それでも、「オリンピックはまだ出たことがないので楽しみ」と高揚感はもちろんある。

競技人生の目標はずっと変わらず、世界一。そのために、まずは6月の日本選手権で2年ぶりの2冠を手にするつもりだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com