月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界リレー代表の齋藤愛美が追い風参考ながら11秒45の好タイム/関西CS


◇関西学生チャンピオンシップ(5月20~23日/京都・西京極)
10月に延期となった関西インカレの代替大会として行われている関西チャンピオンシップの女子100mで世界リレー代表の齋藤愛美(大阪成蹊大)が3.6mの追い風参考ながら11秒45の好タイムで優勝した。

4位に入り東京五輪と来年のユージン世界選手権の出場権を獲得した世界リレーから5月5日に帰国。19日まで2週間の隔離生活(ホテルとナショナルトレーニングセンターの往復)を経てのレース。「感覚を戻すことが大きなテーマでした。(隔離生活の)ストレスもあり、どれだけ走れるか不安もありましたが予選(11秒66/+1.1)も含め、思っていた以上にうまく走れたと思います」と安堵の表情を見せた。

世界リレー決勝は「冬のような寒さだった」。帰国後も疲労が残ったことに加え、しばらく調整練習が続いたことで、「150m×6本など、冬期練習のような走り込みをしていました」と、遅れを取り戻すべく練習に励んだ。スパイクを履いたのは大会3日前。「スタート練習も全然やってこなかったので、スタートで出遅れるのは織り込み済み。どんな状況でも、考えながら自分と対話しながら走れるようなったことが大きい」。

決勝は大阪室内の60mで齋藤が持っていたU20日本記録を0秒01更新(7秒38)して今季11秒67で走っている三浦愛華(園田学園女子大)に90m付近まで先行を許すも、慌てることなく0.04秒差でかわした。10分後の男子は風が公認だったように、強い追い風はレースの前半のみで後半は収まっていたこともあり、「このコンディションで11秒45なら、スタートなどきっちり調整していけば公認でも11秒4前後の記録は狙える」と手応えを得たレースとなった。

この後は、U20日本記録(23秒45)を持つ200mにも出場予定。日本選手権前に学生個人を挟み本番に備える。「100mも頑張りたいですが、自分では200mの選手だと思っています。日本選手権では23秒0~1台で優勝が目標。昨年までは優勝できたらいいなぁ、くらいのイメージでしたが、今年はしっかり実現できるよう仕上げていきます」と静かに闘志を燃やす。

世界リレーでつかんだ自信を胸に、高2以来更新できていない自己ベスト(11秒57&23秒45)の更新、そして初の日本選手権獲得へ準備は整いつつある。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com