月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH泉谷駿介が決勝も圧倒!追い風参考日本最高の13秒05で2年ぶりV/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレ2日目の男子110mハードル決勝は、泉谷駿介(順大)が追い風5.2mの参考記録ながら、日本人“最速”となる13秒05で圧勝。2年ぶりの優勝を手にした。

前日の予選で13秒30(+0.8)と、東京五輪の参加標準記録13秒32を突破する日本歴代3位を叩き出していた泉谷。翌日の準決勝は風が吹き荒れるなか、13秒36(+5.9)で悠々トップ通過した。午後の決勝でもスタートから他を寄せ付けず。強烈な追い風に背中を押されながら、最後までしっかりと刻んで対応した。

「13秒05で走ったという実感が湧きません」。それが正直な気持ちだった。追い風参考を含めた世界歴代32位タイ。10台のハードルがある中で、追い風が吹けば走れるというものではない種目であり、スプリントと、踏み切り、インターバルラン、そのすべてで“13秒05”の走りをした事実は大きい。

実はレースに向けたアップで風が強くて転んでしまったといい、「不安でいっぱいでした」と泉谷。「無事にゴールできてホッとした」。スタートは後輩の村竹ラシッドに先行されたが、「焦らず後半にかわせたのが良かった」と振り返る。

日本選手権で3位以内に入れば東京五輪代表に内定。金井大旺(ミズノ)、高山峻野(ゼンリン)との三つ巴が予想されるが、「まずは3位以内に入ってオリンピック代表に。欲張らず、13秒2台を狙います」と確実に代表権をつかみ取る構えだ。

「(このタイムで走っても)大丈夫という自信がつきました。あらためてこのタイムをアベレージにする選手はすごいな、と。公認記録でも出せるように頑張ります」

このタイムを出してなお、まだ秘める可能性を感じるほどそのポテンシャルは計り知れない。「金井さんたちに負けたくない。ついて行けるように」と話す若武者は、日本のスプリントハードルをどこまでの高みへと誘うのだろうか。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com