月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

リオ五輪代表・飯塚翔太が200mV 地元で好走!東京五輪に向け「弾みに」/静岡国際


◇静岡国際(5月3日/静岡・小笠山)

サトウ食品日本グランプリシリーズの静岡国際が5月3日行われ、男子200mはリオ五輪代表の飯塚翔太(ミズノ)が20秒52(-0.5)で制した。

3大会連続のオリンピックを狙う「五輪メダリスト」が地元・静岡で好スタートを切った。2016年リオ五輪イヤーもこの大会を優勝。「同じ状況で弾みになります」と笑顔を見せる。

決勝は「60mまでスピードをしっかり上げられた。コーナリングもよかった」と言うように、冷たい風もあり東京五輪の参加標準記録20秒24は届かなかったが、「いつでも切れるように準備していきたい」と語った。

2位には100mで9秒98を持つ小池祐貴(住友電工)が20秒73で入り、「200mの初戦にしては悪くない」と振り返った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com