月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪代表・鈴木亜由子が1年半ぶりマラソン!名古屋ウィメンズ招待選手発表


3月14日に行われる名古屋ウィメンズマラソンの招待選手が発表された。東京五輪マラソン代表に内定している鈴木亜由子(日本郵政グループ)や、五輪補欠の小原怜(天満屋)、松田瑞生(ダイハツ)らが名を連ねた。

五輪代表の鈴木は、五輪選考会だった19年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)以来、約1年半ぶりのマラソン。昨年はケガもありレースから遠ざかった時期もあったが、10月のトラックレースで復帰すると、11月の全日本実業団対抗女子駅伝ではチームの優勝に貢献する走りを見せた。松田は五輪代表を目指した昨年の大阪国際女子マラソン以来のフルマラソンとなる。

発表会見に出席した瀬古利彦・日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「非常に高いレベルのレースになるのでは」と期待を寄せた。ペースメーカーにはローズメリー・ワンジル・モニカ(スターツ)や森田香織(パナソニック)らが務める。

大会は定員1万1000人、男女ハーフとなる名古屋シティマラソンの定員9000人など合わせ、2万人規模のマラソン大会となる見込みだったが、オンラインマラソンへの移行を踏まえ、当日フルマラソンに参加を希望したランナーは5000人ほどの規模になる予定。以下は招待選手とマラソン自己記録。

■名古屋ウィメンズマラソン招待選手
松田瑞生(ダイハツ)2時間21分47秒
小原 怜(天満屋)2時間23分20秒
佐藤早也伽(積水化学)2時間23分27秒
岩出玲亜(千葉陸協)2時間23分52秒
鈴木亜由子(日本郵政グループ)2時間28分32秒

【関連記事】
名古屋ウィメンズマラソン1万1000人定員で開催へ コロナ対策でオンラインの部を新設

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com