月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】2021年最初の「駅伝日本一」は富士通!12年ぶり栄冠/ニューイヤー駅伝

第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝inぐんま)は1月1日、群馬県前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間100kmのコースで行われ、2年ぶり出場の富士通が12年ぶり3度目の優勝を果たした。

富士通はスローペースとなった1区を松枝博輝が制して好スタートを切ると、そこからからめまぐるしくトップが入れ替わる大混戦の中で上位をキープ。そして、最長22.4kmの4区を務めた東京五輪マラソン代表・中村匠吾が終盤に抜け出し、続く5区の塩尻和也で36秒のリードを作った。

6区では逃げる富士通を、4連覇を狙う旭化成、5年ぶり王座奪還を期すトヨタ自動車が追走。戦前にV候補と目された「3強」が上位を争う展開となったが、富士通の鈴木健吾が終盤にペースアップして、リードをさらに4秒広げる区間賞。國學院大卒のルーキー・浦野雄平が最終区を力強く駆け抜け、栄光のVテープを切った。

トヨタ自動車が旭化成を抑え、2年連続の2位を確保。旭化成は3位で5連覇を逃した。

■第65回全日本実業団対抗駅伝 入賞チーム
1位 富士通
2位 トヨタ自動車
3位 旭化成
4位 日立物流
5位 Honda
6位 三菱重工
7位 JR東日本
8位 ヤクルト

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com