月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2022年世界選手権の要項発表 標準記録と世界ランキング制で出場 35km競歩新設


2022年ユージン世界選手権(米国/2022年7月15日~24日)と2021年ナイロビU20世界選手権(ケニア/2021年8月17日~22日)の選考方法が世界陸連(WA)の議会で承認され、公表された。

世界選手権では、19年ドーハ大会と同様、参加標準記録突破またはワールドランキング上位で出場資格を得る。競歩については男女20km競歩と、新たに35km競歩が実施され、50km競歩は行われない。各種目の記録有効期間は以下の通り。
マラソン、35km競歩:2020年11月30日~2022年5月29日
10000m、20km競歩、リレー、混成競技:2020年12月27日~2022年6月26日
その他の競技:2021年6月27日~2022年6月26日

各種目でのターゲットナンバーは、35km競歩を除き19年ドーハ世界選手権と変更はない。35km競歩は男女各60となっており、19年ドーハ大会での50km競歩のターゲットナンバー(男子50、女子30)よりも増加している。なお、来年の日本選手権(一般種目)は6月24日から27日を予定しているため、現行のまま進めば最終日の種目のみ対象となる。

U20世界選手権は当初は2020年に開催予定だったため、記録有効期間が更新された。新しい資格期間は2019年10月1日~2020年4月5日および2020年12月1日~2021年8月8日となっている。なお、年齢は区分は変更されず、来年12月31日まで19歳未満(16歳以上)となるため、本来2020年に出場資格を有していた選手の一部は出場できない。(※今年高卒1年目~早生まれ2年目までの世代)

■ユージン世界選手権参加標準記録(男子/女子)
100m10.05/11.15
200m20.24/22.80
400m44.90/51.35
800m1.45.20/1.59.50
1500m3.35.00/4.04.20
5000m13.13.50/15.10.00
10000m27.28.00/31.25.00
マラソン2.11.30/2.29.30
3000m障害8.22.00/3000m SC 9.30.00
110(100)mH13.32/12.84
400mH48.90/55.40
走高跳2.33/1.96
棒高跳5.80/4.70
走幅跳8.22/6.82
三段跳17.14 /14.32
砲丸投21.10/18.50
円盤投66.00/63.50
ハンマー投77.50/72.50
やり投85.00/64.00
十種・七種8350/6420
20km競歩1.21.00/1.31.00
35km競歩2.33.00 (3.50.00)/2.54.00 (4.25.00)
※カッコは50km競歩
リレー種目
来年の世界リレートップ10+トップリスト6チーム
※男女混合マイルは世界リレートップ12+トップリスト4チーム

■ターゲットナンバー
100m 48
200m 56
400m・800m 48
1500m・3000mSC 45
5000m 42
10,000m 27
100mH・110mH・400mH 40
フィールド種目 32
混成種目 24
マラソン 100
競歩 60
リレー16

世界陸連サイト(外部ページ)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com