月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】JP日本郵政Gが2年連続3度目V 五輪代表・鈴木亜由子で再逆転/クイーンズ駅伝


◇全日本実業団対抗女子駅伝(11月22日/宮城県)

実業団の駅伝ナンバーワンを決める全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月22日、宮城県(松島町~仙台市)6区区間42.195kmのコースで行われ、JP日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3回目の優勝を果たした。

JP日本郵政グループは1区で廣中璃梨佳が2年連続区間賞でスタートすると、2区・菅田雅香は区間11位で粘る。3区では鍋島莉奈が区間新(区間2位)の走りを見せるも、積水化学の新谷仁美が別次元の走りで55秒の差をつけられてしまう。

それでも4区・宇都宮恵理が積水化学との差をキープ。10kmの5区を務めた東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子が快走を見せる。ケガから復活した鈴木は7km付近で積水化学・森智香子を捕らえて逆転。最後は上り坂も力強い走りを見せ、区間記録(32分10秒)に迫る32分18秒の区間賞で、トップでタスキをつないだ。5区終了時点で2位・積水化学とは29秒差をつける。続く好調の大西ひかりも21分13秒と安定感のある走りで区間賞で逃げ切った。

JP日本郵政グループは一度も3位以下に順位を落とすことなく2年連続3度目の優勝。2位に積水化学、3位には豊田自動織機が入った。

1 廣中璃梨佳 23.21 区間賞
2 菅田雅香  10.40 区間11位
3 鍋島莉奈  34.25 区間2位(新)
4 宇都宮恵理 11.37 区間14位
5 鈴木亜由子 32.18 区間賞
6 大西ひかり 21.13 区間賞

■全日本実業団対抗女子駅伝 上位成績
優勝 JP日本郵政グループ 
2時間13分34秒=大会新
2位 積水化学
3位 豊田自動織機
4位 ワコール
5位 デンソー
6位 ヤマダホールディングス
7位 パナソニック
8位 九電工
※ここまでシード権獲得
9位 ダイハツ
10位 エディオン
11位 天満屋
12位 資生堂
13位 三井住友海上
14位 大塚製薬
15位 スターツ
16位 ユニバーサルエンターテインメント
17位 日立
18位 肥後銀行
19位 ルートインホテルズ
20位 シスメックス
21位 ホクレン
22位 鹿児島銀行



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com