HOME 駅伝

2020.10.30

【駅伝】全日本大学駅伝の区間エントリーが発表! 前回王者・東海大は塩澤を3区、名取を8区に登録、順大・三浦は1区へ
【駅伝】全日本大学駅伝の区間エントリーが発表! 前回王者・東海大は塩澤を3区、名取を8区に登録、順大・三浦は1区へ

前回大会で逆転優勝の立役者となった東海大の名取燎太は今年も8区へエントリー

11月1日に開催される第52回全日本大学駅伝の区間エントリーが発表され、前回王者の東海大は主将の塩澤稀夕(4年)を3区、名取燎太(4年)を8区に配置し、前回4区区間賞の西田壮志(4年)を補欠に置いた。

前回2位で箱根駅伝優勝校の青学大は主将の神林勇太(4年)が7区、エースの吉田圭太(4年)が補欠に。上記2校と並んで「3強」の一角とされる駒大は前回7区区間賞の田澤廉(2年)を補欠に置いているが、当日変更で長距離区間の7区か8区に起用される可能性が高い。

そのほか、10月17日の箱根駅伝予選会で日本人トップ(5位)を飾った順大のルーキー・三浦龍司は1区にエントリーされた。

【前回上位校のオーダー】※当日変更あり
●東海大
1区 佐伯陽生(1)
2区 市村朋樹(3)
3区 塩澤稀夕(4)
4区 濵地進之介(2)
5区 本間敬大(3)
6区 長田駿佑(3)
7区 佐藤俊輔(2)
8区 名取燎太(4)
<補欠>西田壮志(4)吉冨裕太(3)竹村拓真(2)石原翔太郎(1)喜早駿介(1)

●青学大
1区 湯原慶吾(3)
2区 近藤幸太郎(2)
3区 中村唯翔(2)
4区 高橋勇輝(3)
5区 横田俊吾(2)
6区 山内健登(1)
7区 神林勇太(4)
8区 竹石尚人(4)
<補欠>岩見秀哉(4)新号健志(4)松葉慶太(4)吉田圭太(4)佐藤一世(1)

●駒大
1区 加藤 淳(4)
2区 花尾恭輔(1)
3区 石川拓慎(3)
4区 伊東颯汰(4)
5区 酒井亮太(2)
6区 山野 力(2)
7区 唐澤拓海(1)
8区 佃 康平(3)
<補欠>江口大雅(4)小林 歩(4)田澤 廉(2)赤津勇進(1)鈴木芽吹(1)

全大学の区間エントリーはこちら

■シード校(前回上位8校)
東海大学     7大会連続33回目
青山学院大学   8大会連続10回目
駒澤大学    25大会連続27回目
東京国際大学   2大会連続 2回目
東洋大学    13大会連続28回目
早稲田大学   14大会連続26回目
國學院大學    6大会連続 8回目
帝京大学     6大会連続13回目

■北海道
札幌学院大学   3大会連続27回目
■東北
東北大学    2大会ぶり14回目
■関東
日本大学     2大会ぶり41回目
中央学院大学   8大会連続14回目
明治大学    13大会連続14回目
順天堂大学    4大会連続25回目
山梨学院大学   3大会ぶり31回目
日本体育大学   3大会連続42回目
城西大学     4大会連続9回目
■北信越
信州大学    5大会ぶり14回目
■東海
皇學館大学   4大会連続4回目
■関西
立命館大学   20大会連続32回目
関西学院大学   2大会連続10回目
京都産業大学   8大会連続48回目
びわこ学院大学   初出場
■中国四国
広島経済大学  2大会ぶり23回目
■九州
日本文理大学  4大会ぶり10回目

■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会
11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km
大会HP

前回大会で逆転優勝の立役者となった東海大の名取燎太は今年も8区へエントリー 11月1日に開催される第52回全日本大学駅伝の区間エントリーが発表され、前回王者の東海大は主将の塩澤稀夕(4年)を3区、名取燎太(4年)を8区に配置し、前回4区区間賞の西田壮志(4年)を補欠に置いた。 前回2位で箱根駅伝優勝校の青学大は主将の神林勇太(4年)が7区、エースの吉田圭太(4年)が補欠に。上記2校と並んで「3強」の一角とされる駒大は前回7区区間賞の田澤廉(2年)を補欠に置いているが、当日変更で長距離区間の7区か8区に起用される可能性が高い。 そのほか、10月17日の箱根駅伝予選会で日本人トップ(5位)を飾った順大のルーキー・三浦龍司は1区にエントリーされた。 【前回上位校のオーダー】※当日変更あり ●東海大 1区 佐伯陽生(1) 2区 市村朋樹(3) 3区 塩澤稀夕(4) 4区 濵地進之介(2) 5区 本間敬大(3) 6区 長田駿佑(3) 7区 佐藤俊輔(2) 8区 名取燎太(4) <補欠>西田壮志(4)吉冨裕太(3)竹村拓真(2)石原翔太郎(1)喜早駿介(1) ●青学大 1区 湯原慶吾(3) 2区 近藤幸太郎(2) 3区 中村唯翔(2) 4区 高橋勇輝(3) 5区 横田俊吾(2) 6区 山内健登(1) 7区 神林勇太(4) 8区 竹石尚人(4) <補欠>岩見秀哉(4)新号健志(4)松葉慶太(4)吉田圭太(4)佐藤一世(1) ●駒大 1区 加藤 淳(4) 2区 花尾恭輔(1) 3区 石川拓慎(3) 4区 伊東颯汰(4) 5区 酒井亮太(2) 6区 山野 力(2) 7区 唐澤拓海(1) 8区 佃 康平(3) <補欠>江口大雅(4)小林 歩(4)田澤 廉(2)赤津勇進(1)鈴木芽吹(1) 全大学の区間エントリーはこちら ■シード校(前回上位8校) 東海大学     7大会連続33回目 青山学院大学   8大会連続10回目 駒澤大学    25大会連続27回目 東京国際大学   2大会連続 2回目 東洋大学    13大会連続28回目 早稲田大学   14大会連続26回目 國學院大學    6大会連続 8回目 帝京大学     6大会連続13回目 ■北海道 札幌学院大学   3大会連続27回目 ■東北 東北大学    2大会ぶり14回目 ■関東 日本大学     2大会ぶり41回目 中央学院大学   8大会連続14回目 明治大学    13大会連続14回目 順天堂大学    4大会連続25回目 山梨学院大学   3大会ぶり31回目 日本体育大学   3大会連続42回目 城西大学     4大会連続9回目 ■北信越 信州大学    5大会ぶり14回目 ■東海 皇學館大学   4大会連続4回目 ■関西 立命館大学   20大会連続32回目 関西学院大学   2大会連続10回目 京都産業大学   8大会連続48回目 びわこ学院大学   初出場 ■中国四国 広島経済大学  2大会ぶり23回目 ■九州 日本文理大学  4大会ぶり10回目 ■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km 大会HP

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top