月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】2021年陸上W杯はロンドンで開催 米国、ジャマイカら8ヵ国が参加


英国陸連が2021年7月中旬に陸上ワールドカップをロンドンで開催することを発表している。この大会では短距離と1500mまでの中距離に種目を絞って実施される予定。英国のほか、中国、フランス、ドイツ、米国、南アフリカ、ポーランド、ジャマイカの参加が発表されている。2日間で開催され、各国1名の代表選手が出場し国別で争われる。会場はオリンピックスタジアム。前回大会(2018年)もロンドンで行われ、上記8ヵ国が参加。ナイトセッションで実施され、賞金総額200万ドルを懸けて争われた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com