HOME 駅伝

2024.06.22

皇學館大2年ぶり7回目の本大会 就任1年・寺田夏生監督のもと、安定した走りで伊勢路復帰/全日本大学駅伝東海選考会
皇學館大2年ぶり7回目の本大会 就任1年・寺田夏生監督のもと、安定した走りで伊勢路復帰/全日本大学駅伝東海選考会

曽越大成(23年全日本大学駅伝)

◇全日本大学駅伝東海地区選考会(6月24日/愛知・マルヤス岡崎龍北スタジアム)

第56回全日本大学駅伝東海地区選考会が行われ、皇學館大が1位となり、2年ぶり7回目の本大会出場を決めた。

昨年の本大会成績をもって、東海地区の出場枠は1枠となっている。10000mのトラックレースに出場する8人の合計タイムを競う方式で行われ、17大学が参加。4組に分かれて各大学2人ずつ出場した。

皇學館大は、1組終了時で2年連続の伊勢路を狙う名古屋大と10秒37差の2位だったが、2組でトップに浮上。3組では岩島昇汰(4年)が2着に43秒70差をつける30分40秒76で1着フィニッシュすると、藤川創(4年)は31分26秒15で3着に入り、2位以下とのリードを拡大する。

最終組も曽越大成(4年)が2着(30分12秒43)でまとめるなど、安定した走りで優位は変わらず。4時間10分53秒62でトップを守り抜いた。昨年7月1日に國學院大やJR東日本で活躍した寺田夏生氏が駅伝競走部の監督に就任。32歳の指揮官のもと、チームは結束し、大学の前がコースとなっている全日本の出場権を手にした。

2位は4時間12分44秒16で愛知工大、3位は4時間13分06秒92で岐阜協立大。名古屋大は2組で途中棄権者が出て選考外となった。

◇全日本大学駅伝東海地区選考会(6月24日/愛知・マルヤス岡崎龍北スタジアム) 第56回全日本大学駅伝東海地区選考会が行われ、皇學館大が1位となり、2年ぶり7回目の本大会出場を決めた。 昨年の本大会成績をもって、東海地区の出場枠は1枠となっている。10000mのトラックレースに出場する8人の合計タイムを競う方式で行われ、17大学が参加。4組に分かれて各大学2人ずつ出場した。 皇學館大は、1組終了時で2年連続の伊勢路を狙う名古屋大と10秒37差の2位だったが、2組でトップに浮上。3組では岩島昇汰(4年)が2着に43秒70差をつける30分40秒76で1着フィニッシュすると、藤川創(4年)は31分26秒15で3着に入り、2位以下とのリードを拡大する。 最終組も曽越大成(4年)が2着(30分12秒43)でまとめるなど、安定した走りで優位は変わらず。4時間10分53秒62でトップを守り抜いた。昨年7月1日に國學院大やJR東日本で活躍した寺田夏生氏が駅伝競走部の監督に就任。32歳の指揮官のもと、チームは結束し、大学の前がコースとなっている全日本の出場権を手にした。 2位は4時間12分44秒16で愛知工大、3位は4時間13分06秒92で岐阜協立大。名古屋大は2組で途中棄権者が出て選考外となった。

全日本大学駅伝東海地区選考会総合成績

1位 皇學館大   4時間10分53秒62 –以上、全日本大学駅伝出場権獲得– 2位 愛知工大   4時間12分44秒16 3位 岐阜共立大  4時間13分06秒92 4位 中京大    4時間14分05秒85 5位 三重大    4時間26分03秒55 6位 中部大    4時間28分18秒97 7位 岐阜大    4時間29分31秒43 8位 至学館大   4時間35分38秒07 9位 日本福祉大  4時間36分09秒94 10位 愛知大    4時間37分13秒88 11位 静岡大    4時間37分16秒76 12位 愛知教大   4時間42分21秒37 13位 東海学園大  4時間55分38秒16    名古屋大   選考外(途中棄権者がいたため)    南山大    選考外(失格者がいたため)    名古屋工大  選考外(欠場者がいたため)    名城大    選考外(欠場者がいたため)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top