HOME 国内

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」
泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

パリ五輪に向けての意気込みを語った泉谷駿介

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。

泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日のダイヤモンドリーグ(DL)の厦門大会(中国)では13秒17と五輪の参加標準記録(13秒27)を突破したことで、日本陸連の定める基準をクリアして2大会連続の五輪代表に内定した。

その後も海外のDLなどを転戦。昨年から世界のトップ選手と渡り合い、「気持ち的に自信はついたと思います。ここまで(世界と)張り合えることもわかったので、もう一段階上に行きたいという思いになりました」と話し、五輪でも「やっぱり3番以内に入って、メダルを取りたい」と意欲を見せている。

冬季はウエイトトレーニングやスプリントトレーニングの量が増え、よりダイナミックに動けるように取り組んできたという泉谷。練習では「どんな練習でも使いこなせるオールマイティ」なシューズと評価する「ペガサス41」を愛用し、自身の技術などを磨いてきたという。また、スパイクの「MAX FLY2」についても、「地面からの反発が返ってくる感じがあり、ブレもなくなり安定性が高まって履きやすいです」と新たな相棒とともに、五輪に挑むつもりだ。

イベントの最後には再びパリ五輪に向けての話となり、「米国の2人(グラント・ホロウェイ、ダニエル・ロバーツ)、ジャマイカの1人(ハンズル・パーチメント)のうち誰か1人に勝たないとメダルは取れないと思っている」と、昨年の世界選手権メダリストを意識しつつ、「メダルばかりに目を向けず、自分の実力を出し切りたい」と話した。

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日のダイヤモンドリーグ(DL)の厦門大会(中国)では13秒17と五輪の参加標準記録(13秒27)を突破したことで、日本陸連の定める基準をクリアして2大会連続の五輪代表に内定した。 その後も海外のDLなどを転戦。昨年から世界のトップ選手と渡り合い、「気持ち的に自信はついたと思います。ここまで(世界と)張り合えることもわかったので、もう一段階上に行きたいという思いになりました」と話し、五輪でも「やっぱり3番以内に入って、メダルを取りたい」と意欲を見せている。 冬季はウエイトトレーニングやスプリントトレーニングの量が増え、よりダイナミックに動けるように取り組んできたという泉谷。練習では「どんな練習でも使いこなせるオールマイティ」なシューズと評価する「ペガサス41」を愛用し、自身の技術などを磨いてきたという。また、スパイクの「MAX FLY2」についても、「地面からの反発が返ってくる感じがあり、ブレもなくなり安定性が高まって履きやすいです」と新たな相棒とともに、五輪に挑むつもりだ。 イベントの最後には再びパリ五輪に向けての話となり、「米国の2人(グラント・ホロウェイ、ダニエル・ロバーツ)、ジャマイカの1人(ハンズル・パーチメント)のうち誰か1人に勝たないとメダルは取れないと思っている」と、昨年の世界選手権メダリストを意識しつつ、「メダルばかりに目を向けず、自分の実力を出し切りたい」と話した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top