HOME 高校

2024.06.17

100mHは別所みゆがライバル対決制して2冠達成! 前田さくらもスプリント2種目制覇 女子800mは佐々木葉音がトップ/IH中国
100mHは別所みゆがライバル対決制して2冠達成! 前田さくらもスプリント2種目制覇 女子800mは佐々木葉音がトップ/IH中国

24年中国地区大会女子100mH、400mHの2冠に輝いた別所みゆ

◇インターハイ中国地区大会(6月14日~16日/鳥取・ヤマタスタジアム)3日目

福岡インターハイを懸けた中国地区大会の3日目が行われ、女子100mハードルでは別所みゆ(大社3島根)が13秒76(+0.9)の大会タイ記録で優勝。前日の400mハードルに続く2種目制覇を達成した。

100mハードルには昨年のインターハイ4位、U18規格で13秒26のU18日本記録を持つ木梨光菜(倉敷中央3岡山)も出場しており、この日は両者ともに4×400mリレーをこなしながらの競技となった。

4×400mリレー準決勝の直後に行われた予選では別所が13秒95(+1.9)をマークし、木梨も準決勝で13秒91(+2.4)と参考記録ながらも別所を上回るタイム。決勝では別所が5レーン、木梨が7レーンに入り一騎打ちの様相を呈していた。

レースではスタートからリズムよくハードルを越えていった別所が、ライバルを0.06秒差で抑えてフィニッシュ。県高校記録の13秒75にあと0.01秒届かず悔しさを見せたものの、「今回は13秒台を3本そろえられたことがよかったです」と喜びが上回った。「走力がついて、ラストでも崩れなくなった」と、昨年秋から始めた400mハードルの効果は結果として表れ、ライバルにも快勝。8月のインターハイでもさらに上を目指していく。

一方、敗れた木梨は「今までずっと勝ってきたので、本当に悔しいです」と一言。同地区の別所とは中学時代から競り合ってきたが、高1の秋以降は負けたことがなかった。「全国大会ではリベンジします」と、こちらも次の対戦を心待ちにしている。もちろん、舞台は決勝の場だ。

女子200mでは前田さくら(鳥取敬愛2鳥取)が100mに続く優勝。タイムの24秒35(+0.1)は県大会で出した24秒77の自己記録をさらに塗り替え、県高校記録も樹立した。

注目された女子800mはスタートから独走態勢に入ったドルーリー朱瑛里(津山2岡山)に対して、佐々木葉音(平田2島根)が食らいつく展開に。佐々木は500m付近で一度は引き離されたものの、最後の直線でドルーリーをかわして2分11秒37で殊勲の優勝を飾った。「1周目の62秒はきつかったですが、とにかく勝ちたかった」と、粘りの走りが光った。

男子では円盤投の藤谷直斗(西条農3広島)が44m03で優勝。コンディションは万全ではなかったが、自己ベストに近い44m台を出せたことが自信になったという。チームメイトには女子投てき2冠の迫田明華(3年)がおり、「切磋琢磨して、自分を信じて頑張ります」と、福岡での躍進を誓った。

また、総合争いの男子は61点を獲得した玉野光南(岡山)が優勝。女子は63.5点の大社(島根)が制している。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/多々納健一

◇インターハイ中国地区大会(6月14日~16日/鳥取・ヤマタスタジアム)3日目 福岡インターハイを懸けた中国地区大会の3日目が行われ、女子100mハードルでは別所みゆ(大社3島根)が13秒76(+0.9)の大会タイ記録で優勝。前日の400mハードルに続く2種目制覇を達成した。 100mハードルには昨年のインターハイ4位、U18規格で13秒26のU18日本記録を持つ木梨光菜(倉敷中央3岡山)も出場しており、この日は両者ともに4×400mリレーをこなしながらの競技となった。 4×400mリレー準決勝の直後に行われた予選では別所が13秒95(+1.9)をマークし、木梨も準決勝で13秒91(+2.4)と参考記録ながらも別所を上回るタイム。決勝では別所が5レーン、木梨が7レーンに入り一騎打ちの様相を呈していた。 レースではスタートからリズムよくハードルを越えていった別所が、ライバルを0.06秒差で抑えてフィニッシュ。県高校記録の13秒75にあと0.01秒届かず悔しさを見せたものの、「今回は13秒台を3本そろえられたことがよかったです」と喜びが上回った。「走力がついて、ラストでも崩れなくなった」と、昨年秋から始めた400mハードルの効果は結果として表れ、ライバルにも快勝。8月のインターハイでもさらに上を目指していく。 一方、敗れた木梨は「今までずっと勝ってきたので、本当に悔しいです」と一言。同地区の別所とは中学時代から競り合ってきたが、高1の秋以降は負けたことがなかった。「全国大会ではリベンジします」と、こちらも次の対戦を心待ちにしている。もちろん、舞台は決勝の場だ。 女子200mでは前田さくら(鳥取敬愛2鳥取)が100mに続く優勝。タイムの24秒35(+0.1)は県大会で出した24秒77の自己記録をさらに塗り替え、県高校記録も樹立した。 注目された女子800mはスタートから独走態勢に入ったドルーリー朱瑛里(津山2岡山)に対して、佐々木葉音(平田2島根)が食らいつく展開に。佐々木は500m付近で一度は引き離されたものの、最後の直線でドルーリーをかわして2分11秒37で殊勲の優勝を飾った。「1周目の62秒はきつかったですが、とにかく勝ちたかった」と、粘りの走りが光った。 男子では円盤投の藤谷直斗(西条農3広島)が44m03で優勝。コンディションは万全ではなかったが、自己ベストに近い44m台を出せたことが自信になったという。チームメイトには女子投てき2冠の迫田明華(3年)がおり、「切磋琢磨して、自分を信じて頑張ります」と、福岡での躍進を誓った。 また、総合争いの男子は61点を獲得した玉野光南(岡山)が優勝。女子は63.5点の大社(島根)が制している。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/多々納健一

インターハイ中国大会優勝者一覧をチェック!

●男子 100m   渡邊隆喜(広島国際学院2広島) 10秒93(-3.7) 200m   中村遥斗(萩商工3山口)    21秒00(+2.9) 400m   濱川亮太朗(下関西2山口)   48秒65 800m   西祐杜(呉三津田2広島)    1分54秒69 1500m   大下智矢(米子松陰3鳥取)   3分52秒37 5000m   ピーター・ムトゥリ(岡山商大附2岡山)14分11秒72 ※日本人トップ(3位)本宮優心(世羅3広島) 14分34秒11 110mH   吉本悠晃(崇徳3広島)     14秒78(+0.3) 400mH   小早川智之(県広島2広島)   52秒44 3000m障害 大倉凰來(倉敷3岡山)     9分05秒33 5000m競歩 中島壮一朗(舟入3広島)    21分19秒71 4×100mR  大社(島根)          41秒03 4×400mR  広島国際学院(広島)      3分17秒88 走高跳  渡邉陽斗(鳥取城北2鳥取)   2m03 棒高跳  土田涼大(近大東広島広島)   4m70 走幅跳  德光晃(益田東2島根)     7m21(+1.3) 三段跳  井上敏志(玉野光南2岡山)   15m16(+3.6) 砲丸投  赤澤瑠依(玉野光南2岡山)   14m79 円盤投  藤谷直斗(西条農3広島)    44m03 ハンマー投 小竹颯人(倉吉総産3鳥取)   59m71 やり投  牛尾壮太(大社3島根)     61m11 八種競技 櫻井俊輔(広島皆実3広島)   5161点 男子総合 玉野光南(岡山)        61点 [adinserter block="4"] ●女子 100m   前田さくら(鳥取敬愛2鳥取) 11秒96(-1.9) 200m   前田さくら(鳥取敬愛2鳥取) 24秒35(+0.1) 400m   増原優羽(広島皆実3広島)  55秒84 800m   佐々木葉音(平田2島根)   2分11秒37 1500m   ジャネット・ジェプコエチ(倉敷2岡山)4分15秒78 ※日本人トップ(2位) ドルーリー朱瑛里(津山2岡山)4分16秒91 3000m   ジャネット・ジェプコエチ(倉敷2岡山)8分58秒70 ※日本人トップ(3位) 細見芽生(銀河学院3広島)9分23秒39 100mH   別所みゆ(大社3島根)     13秒76=大会タイ 400mH   別所みゆ(大社3島根)     61秒32 5000m競歩 西山こと乃(萩3山口)    24分49秒80 4×100mR  開星(島根)         46秒61 4×400mR  広島皆実(広島)       3分46秒16 走高跳  江角菜子(大社3島根)    1m71 棒高跳  清水葵(倉吉北3鳥取)    3m55 走幅跳  川西彩月(市呉3広島)    5m87(+0.6) 三段跳  山本咲(広島工大3広島)   11m67(+2.0) 砲丸投  迫田明華(西条農3広島)    12m67 円盤投  太田柚希(大社2島根)     38m87 ハンマー投 迫田明華(西条農3広島)   51m30 やり投  近藤優奈(就実3岡山)    45m69 七種競技 生田帆南(宇部鴻城2山口)  4367点 女子総合 大社(島根)         63.5点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

やり投・北口榛花スイッチ入った!また6回目に逆転V!今季自己最高の65m21/DLモナコ

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)第9戦・モナコ大会が7月12日に行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が優勝した。 北口は1投目にシーズンベストとなる64m63をマーク。1投目の記録としては自己最高となる。しかし、 […]

NEWS 編集部コラム「あの景色を忘れない」

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top