HOME 駅伝

2024.06.03

積水化学・弟子丸小春が現役引退 入社5年目の22歳 21年クイーンズ駅伝初優勝に貢献
積水化学・弟子丸小春が現役引退 入社5年目の22歳 21年クイーンズ駅伝初優勝に貢献

22年のクイーンズ駅伝で4区を走った弟子丸小春(積水化学)

積水化学女子陸上競技部は6月3日、5月31日をもって入社5年目で22歳の弟子丸小春が現役を引退すると同部のSNSで発表した。

長崎県出身の弟子丸は、川棚中3年時に全中と全国都道府県対抗女子駅伝に出場。諫早高時代には全国高校駅伝を2度経験し、3年時は1区7位と好走した。個人でも3年時に3000mでインターハイ出場を果たしている。

卒業後の2020年に入社し、21年11月の全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)では4区を走って初優勝に貢献。22年の同駅伝でも4区を走って、チームは2位に入っていた。昨年10月の競技会を最後に試合に出場していなかった。自己ベストは3000mが9分10秒21、5000mが15分56秒51。

積水化学は1947年設立の大手樹脂加工メーカー。女子陸上競技部は1997年に創部し、00年シドニー五輪マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子や、リオ五輪5000m代表の尾西美咲が所属していた。現在は東京五輪代表の新谷仁美と卜部蘭、昨年のブダペスト世界選手権に出場した佐藤早也伽と山本有真が在籍。昨年のクイーンズ駅伝では2年ぶり2回目の優勝を飾っている。

積水化学女子陸上競技部は6月3日、5月31日をもって入社5年目で22歳の弟子丸小春が現役を引退すると同部のSNSで発表した。 長崎県出身の弟子丸は、川棚中3年時に全中と全国都道府県対抗女子駅伝に出場。諫早高時代には全国高校駅伝を2度経験し、3年時は1区7位と好走した。個人でも3年時に3000mでインターハイ出場を果たしている。 卒業後の2020年に入社し、21年11月の全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)では4区を走って初優勝に貢献。22年の同駅伝でも4区を走って、チームは2位に入っていた。昨年10月の競技会を最後に試合に出場していなかった。自己ベストは3000mが9分10秒21、5000mが15分56秒51。 積水化学は1947年設立の大手樹脂加工メーカー。女子陸上競技部は1997年に創部し、00年シドニー五輪マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子や、リオ五輪5000m代表の尾西美咲が所属していた。現在は東京五輪代表の新谷仁美と卜部蘭、昨年のブダペスト世界選手権に出場した佐藤早也伽と山本有真が在籍。昨年のクイーンズ駅伝では2年ぶり2回目の優勝を飾っている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top