HOME 国内、大学

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC
女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

自己新で24年関西インカレ女子やり投を制した篠田佳奈

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都)

関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。

昨年は日本選手権で6位、日本インカレでは2位に入っている篠田。「4投目は力の方向とやりの向きが合って、しっかり力を加える投げができました。大会記録(59m22)が目標でしたが自己ベスト(56m57)を更新できたのは良かったです」と笑顔で振り返る。

それでも「関カレは独特の雰囲気もあり久々に緊張しました」と言うように、前半は「前日の砲丸投(9位・11m83)の疲れもあって脚が思ったように動かず、2投目までリードされてしまい自分のペースに持ち込めませんでした」と反省の弁が口をつく。「大きな試合では前半に記録を残さないと次(トップ8)に進めない。しっかり前半から決められるよう、アップから調整することが課題」と3連覇にも気を緩めることはない。

大学2年時に京大の女子選手として初めて関西インカレを制して注目を集めた篠田。そのシーズンは50m56がベストだったが、3年生となった昨年4月の京都インカレで初めて55mを超える55m69のベストを投げて以降、「60mを意識するようになった」という。その後、日本選手権で入賞、日本インカレでは初の表彰台を経験するなど、日本のトップクラスの仲間入りを果たしつつある。

この冬は、さらなる記録の更新を目指し積極的にウエイトトレーニングなどにも取り組み体力を強化。「基礎体力のベースがアップし、助走と投げが徐々につながってきた」とこの日の好投につなげた。

今季の最大の目標に昨年逃した日本インカレのタイトル、そして日本選手権での表彰台を挙げる。この後は夏の大学院入試を控え、勉学との両立がより一層厳しくなるが、「今回も、もう少し角度が出れば60m近くは行っていた感触があった。冬季もしっかり練習が積め、55m以上で記録も徐々に安定してきているので、その成果を大舞台で発揮したい」と目を輝かせる。

1投目に54m43を投げ篠田をリードした中村怜(東大阪大4)が2位。同じく1投目に51m04をマークした川合小想(大体大3)が3位。4位までが50mを超え、仲間の大声援を背に気温30度に迫る暑さを吹き飛ばす投げ合いだった。

注目の総合争いは、大会3日目までを終えて男子トップが85.5点の関学大。以下、立命大、京産大が78点で続き、連覇を目指す関大が73点で追う展開。残り種目を考慮しても、勝負の行方は最後のマイルリレーまでもつれるほどの接戦となっている。

女子も3連覇を目指す立命大と3年ぶりの王座奪還を狙う園田学園女大が92点で並ぶ大激戦。こちらも最後まで目が離せない展開となりそう。最終日には、昨夏のブタペスト世界選手権に出場した山本亜美(立命大)が400mハードル、パリ五輪代表の柳井綾音(立命大)が10000m競歩に登場。どんなパフォーマンスを見せてくれるか注目が集まる。

文/花木 雫

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は日本選手権で6位、日本インカレでは2位に入っている篠田。「4投目は力の方向とやりの向きが合って、しっかり力を加える投げができました。大会記録(59m22)が目標でしたが自己ベスト(56m57)を更新できたのは良かったです」と笑顔で振り返る。 それでも「関カレは独特の雰囲気もあり久々に緊張しました」と言うように、前半は「前日の砲丸投(9位・11m83)の疲れもあって脚が思ったように動かず、2投目までリードされてしまい自分のペースに持ち込めませんでした」と反省の弁が口をつく。「大きな試合では前半に記録を残さないと次(トップ8)に進めない。しっかり前半から決められるよう、アップから調整することが課題」と3連覇にも気を緩めることはない。 大学2年時に京大の女子選手として初めて関西インカレを制して注目を集めた篠田。そのシーズンは50m56がベストだったが、3年生となった昨年4月の京都インカレで初めて55mを超える55m69のベストを投げて以降、「60mを意識するようになった」という。その後、日本選手権で入賞、日本インカレでは初の表彰台を経験するなど、日本のトップクラスの仲間入りを果たしつつある。 この冬は、さらなる記録の更新を目指し積極的にウエイトトレーニングなどにも取り組み体力を強化。「基礎体力のベースがアップし、助走と投げが徐々につながってきた」とこの日の好投につなげた。 今季の最大の目標に昨年逃した日本インカレのタイトル、そして日本選手権での表彰台を挙げる。この後は夏の大学院入試を控え、勉学との両立がより一層厳しくなるが、「今回も、もう少し角度が出れば60m近くは行っていた感触があった。冬季もしっかり練習が積め、55m以上で記録も徐々に安定してきているので、その成果を大舞台で発揮したい」と目を輝かせる。 1投目に54m43を投げ篠田をリードした中村怜(東大阪大4)が2位。同じく1投目に51m04をマークした川合小想(大体大3)が3位。4位までが50mを超え、仲間の大声援を背に気温30度に迫る暑さを吹き飛ばす投げ合いだった。 注目の総合争いは、大会3日目までを終えて男子トップが85.5点の関学大。以下、立命大、京産大が78点で続き、連覇を目指す関大が73点で追う展開。残り種目を考慮しても、勝負の行方は最後のマイルリレーまでもつれるほどの接戦となっている。 女子も3連覇を目指す立命大と3年ぶりの王座奪還を狙う園田学園女大が92点で並ぶ大激戦。こちらも最後まで目が離せない展開となりそう。最終日には、昨夏のブタペスト世界選手権に出場した山本亜美(立命大)が400mハードル、パリ五輪代表の柳井綾音(立命大)が10000m競歩に登場。どんなパフォーマンスを見せてくれるか注目が集まる。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top