HOME 国内

2024.05.21

サニブラウンが渡欧「気づいたらパリ五輪なんじゃないか」夏に向け「自分にできることに集中」
サニブラウンが渡欧「気づいたらパリ五輪なんじゃないか」夏に向け「自分にできることに集中」

渡欧前に会見を開いたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)

男子100mで22年オレゴン、23年ブダペスト世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が5月21日、欧州へ渡る前に羽田空港で会見を開いた。

2日前のセイコーゴールデングランプリでは予選を10秒07をマークしたが、決勝は脚のケイレンにより8位。「予選から(参加標準記録10秒00を)しっかり出して行こうかと思ったのですが思うような走りができず、決勝は走るだけになってしまった」と振り返る。

10秒00を突破すれば代表に内定する状況で、ここまで3レース10秒0台。「早く標準を切りたい気持ちはありますが、遅かれ早かれ出ますし、ストレスに感じずに」と捉えている。

この後はトレーニングするチーム・タンブルウィードTC全体として、普段拠点としている米国から離れ、夏までイタリアのリエーティへ。「初めて行く」といい、昨季から加わった東京五輪100m金メダリストのラモント・マルセル・ジェイコブス(イタリア)もトレーニングする場所。街をあげて施設を整えてくれたそうだ。

欧州では「ダイヤモンドリーグなど、転戦していければ」とサニブラウン。「ここからはラウンドを踏めるような練習も増えていく」とし、「最初の30mの感覚をつかめたので、それを平均して出せるように」とパフォーマンスの安定を図る。

パリ五輪まであと2ヵ月と少し。「楽しみです」と表情は明るい。それは「今シーズンは序盤から結構調子が良い」と手応えがあるからこそ。「カレンダーを見るとあっという間にシーズンが終わっちゃうのかなという感じがします。本当に気づいたらパリ五輪なんじゃないかなってずっと思っています」。

ただ、「(五輪)直近だという実感はない」。それよりも「1日1日を大切に過ごして、自分にできることに集中していく。今シーズン、どれだけ行けるかっていうのが一番楽しみ」と、これまで通り大事にしていることを貫くだけ。

久しぶりの日本滞在で、好物のうどんも「いっぱい食べました」。欧州は「パスタも野菜もおいしいし、カフェもある。いいですよね」とニッコリ。2016年リオ五輪は春のケガで届かず、3年前の東京五輪はケガもあり“参加賞”だけ。目指すは「世界一」のみ。欧州遠征を経て、夏のパリではさらにたくましくなった姿を見せそうだ。

男子100mで22年オレゴン、23年ブダペスト世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が5月21日、欧州へ渡る前に羽田空港で会見を開いた。 2日前のセイコーゴールデングランプリでは予選を10秒07をマークしたが、決勝は脚のケイレンにより8位。「予選から(参加標準記録10秒00を)しっかり出して行こうかと思ったのですが思うような走りができず、決勝は走るだけになってしまった」と振り返る。 10秒00を突破すれば代表に内定する状況で、ここまで3レース10秒0台。「早く標準を切りたい気持ちはありますが、遅かれ早かれ出ますし、ストレスに感じずに」と捉えている。 この後はトレーニングするチーム・タンブルウィードTC全体として、普段拠点としている米国から離れ、夏までイタリアのリエーティへ。「初めて行く」といい、昨季から加わった東京五輪100m金メダリストのラモント・マルセル・ジェイコブス(イタリア)もトレーニングする場所。街をあげて施設を整えてくれたそうだ。 欧州では「ダイヤモンドリーグなど、転戦していければ」とサニブラウン。「ここからはラウンドを踏めるような練習も増えていく」とし、「最初の30mの感覚をつかめたので、それを平均して出せるように」とパフォーマンスの安定を図る。 パリ五輪まであと2ヵ月と少し。「楽しみです」と表情は明るい。それは「今シーズンは序盤から結構調子が良い」と手応えがあるからこそ。「カレンダーを見るとあっという間にシーズンが終わっちゃうのかなという感じがします。本当に気づいたらパリ五輪なんじゃないかなってずっと思っています」。 ただ、「(五輪)直近だという実感はない」。それよりも「1日1日を大切に過ごして、自分にできることに集中していく。今シーズン、どれだけ行けるかっていうのが一番楽しみ」と、これまで通り大事にしていることを貫くだけ。 久しぶりの日本滞在で、好物のうどんも「いっぱい食べました」。欧州は「パスタも野菜もおいしいし、カフェもある。いいですよね」とニッコリ。2016年リオ五輪は春のケガで届かず、3年前の東京五輪はケガもあり“参加賞”だけ。目指すは「世界一」のみ。欧州遠征を経て、夏のパリではさらにたくましくなった姿を見せそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top