HOME 海外

2024.05.01

昨年の世界選手権女子3000m障害4位・ウォンデマヘンに5年間の資格停止処分 複数の禁止物質を使用
昨年の世界選手権女子3000m障害4位・ウォンデマヘンに5年間の資格停止処分 複数の禁止物質を使用

ブダペスト世界選手権女子3000m障害で4位に入ったウォンデマヘン

世界陸連の独立不正監査機関、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU)は4月22日、昨年のブダペスト世界選手権女子3000m障害で4位に入ったZ.ウォンデマヘン(エチオピア)に2023年10月20日から5年間の資格停止処分を科すと発表した。

処分理由はエリスロポエチン(EPO)、テストステロンの陽性反応と使用があったため。禁止物質の使用は原則4年間の処分となるが、複数の禁止物質を使用したことが加重事情(Aggravating Circumstances)にあたるとして5年間の処分となった。また、23年8月22日以降の成績は取り消される。ブダペスト世界選手権の女子3000m障害は8月23日(現地時間)に予選、同27日(現地時間)に決勝が行われており、その成績も取り消される見込み。

ウォンデマヘンは現在21歳。21年には18歳にして東京五輪で8位に入り、その2週間後のU20世界選手権で銀メダルを獲得していた。

AIUはまた、4月30日に女子中長距離のA.N.ロハリス(難民選手団)に禁止物質(トリメタジジン)の陽性、使用のため暫定資格停止処分を科すことを発表した。ロハリスは難民選手団として1500mで16年リオ、21年東京五輪に出場。世界選手権でも17年ロンドン、22年オレゴンは1500mで、昨年のブダペストには5000mに出場した。

難民選手団は3月にも男子中長距離のD.ロコロング・アティオルが同じくトリメタジジンの陽性、使用で暫定資格処分を受けている。F.イバディルもEPOの陽性、使用で資格停止処分が確定しており、処分を受けるのはロハリスが3人目となった。

世界陸連の独立不正監査機関、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU)は4月22日、昨年のブダペスト世界選手権女子3000m障害で4位に入ったZ.ウォンデマヘン(エチオピア)に2023年10月20日から5年間の資格停止処分を科すと発表した。 処分理由はエリスロポエチン(EPO)、テストステロンの陽性反応と使用があったため。禁止物質の使用は原則4年間の処分となるが、複数の禁止物質を使用したことが加重事情(Aggravating Circumstances)にあたるとして5年間の処分となった。また、23年8月22日以降の成績は取り消される。ブダペスト世界選手権の女子3000m障害は8月23日(現地時間)に予選、同27日(現地時間)に決勝が行われており、その成績も取り消される見込み。 ウォンデマヘンは現在21歳。21年には18歳にして東京五輪で8位に入り、その2週間後のU20世界選手権で銀メダルを獲得していた。 AIUはまた、4月30日に女子中長距離のA.N.ロハリス(難民選手団)に禁止物質(トリメタジジン)の陽性、使用のため暫定資格停止処分を科すことを発表した。ロハリスは難民選手団として1500mで16年リオ、21年東京五輪に出場。世界選手権でも17年ロンドン、22年オレゴンは1500mで、昨年のブダペストには5000mに出場した。 難民選手団は3月にも男子中長距離のD.ロコロング・アティオルが同じくトリメタジジンの陽性、使用で暫定資格処分を受けている。F.イバディルもEPOの陽性、使用で資格停止処分が確定しており、処分を受けるのはロハリスが3人目となった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top