HOME 学生長距離

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」
【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

中央学大の近田陽路

学生長距離Close-upインタビュー
近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年

「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近田陽路(3年)をピックアップする。

初出場となった今年1月の第100回箱根駅伝では、脱水症状から本来の走りができずに区間最下位。悔しさを糧に練習を重ね、3月の日本学生ハーフで2位と躍進した。

3年目となるシーズンが本格的に始まるなか、これまでの歩みや今後への決意を語った。

満を持しての箱根駅伝は無念の走りに

今年1月の第100回箱根駅伝。近田陽路は10区の主将・飯塚達也(現・山陽特殊製鋼)にタスキをつなぐはずだった。

大学2年目のシーズン、近田は結果を残し続けていた。関東インカレ(2部)ハーフマラソンは5位入賞(1時間3分50秒)。全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会は暑さの残る1組で10位、箱根予選会では吉田礼志(4年)、伊藤秀虎(現・愛知製鋼)に次ぐチーム3番手と好走した。12月には10000mで自己ベストも更新。満を持しての9区抜擢だった。

迎えた1月3日、曇天の復路。戸塚中継所でウォーミングアップをしていた近田は、若干の蒸し暑さを感じていた。初の箱根で、希望していた9区。緊張からか、水分をあまり取らずにスタートしてしまう。

前半からスピードに乗らず、7㎞過ぎの権太坂の上りでは長身の体が少しよろける。10㎞過ぎには脱水症状気味に陥っていた。

「スポドリ!スポドリ!」

14.4㎞地点の給水で川崎勇二監督が叫んだ。水分こそ補給したものの、本来の粘り強い走りとは程遠かった。

そして、先頭の青学大が鶴見中継所を通過して20分が経過。鶴見へタスキはつながらず、10区飯塚は最後の箱根路へと飛び出して行っていた。

飯塚がスタートして1分33秒後。近田は鶴見中継所にたどり着いたが、区間最下位。「駅伝はタスキをつなぐ競技なのに…」。何より卒業する主将につなげなかったことが悔しかった。

鶴見中継所での繰り上げスタートは、中央学大がまだ出場3回目だった1999年の第75回大会、わずか8秒、距離にして約50m届かなかった時以来。実に25年ぶりの出来事だった。

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近田陽路(3年)をピックアップする。 初出場となった今年1月の第100回箱根駅伝では、脱水症状から本来の走りができずに区間最下位。悔しさを糧に練習を重ね、3月の日本学生ハーフで2位と躍進した。 3年目となるシーズンが本格的に始まるなか、これまでの歩みや今後への決意を語った。

満を持しての箱根駅伝は無念の走りに

今年1月の第100回箱根駅伝。近田陽路は10区の主将・飯塚達也(現・山陽特殊製鋼)にタスキをつなぐはずだった。 大学2年目のシーズン、近田は結果を残し続けていた。関東インカレ(2部)ハーフマラソンは5位入賞(1時間3分50秒)。全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会は暑さの残る1組で10位、箱根予選会では吉田礼志(4年)、伊藤秀虎(現・愛知製鋼)に次ぐチーム3番手と好走した。12月には10000mで自己ベストも更新。満を持しての9区抜擢だった。 迎えた1月3日、曇天の復路。戸塚中継所でウォーミングアップをしていた近田は、若干の蒸し暑さを感じていた。初の箱根で、希望していた9区。緊張からか、水分をあまり取らずにスタートしてしまう。 前半からスピードに乗らず、7㎞過ぎの権太坂の上りでは長身の体が少しよろける。10㎞過ぎには脱水症状気味に陥っていた。 「スポドリ!スポドリ!」 14.4㎞地点の給水で川崎勇二監督が叫んだ。水分こそ補給したものの、本来の粘り強い走りとは程遠かった。 そして、先頭の青学大が鶴見中継所を通過して20分が経過。鶴見へタスキはつながらず、10区飯塚は最後の箱根路へと飛び出して行っていた。 飯塚がスタートして1分33秒後。近田は鶴見中継所にたどり着いたが、区間最下位。「駅伝はタスキをつなぐ競技なのに…」。何より卒業する主将につなげなかったことが悔しかった。 鶴見中継所での繰り上げスタートは、中央学大がまだ出場3回目だった1999年の第75回大会、わずか8秒、距離にして約50m届かなかった時以来。実に25年ぶりの出来事だった。

「自分だけが落ち込んでいるわけにはいかなかった」

箱根以降、近田は自分を見つめ直した。自覚した弱さ、大舞台で力を発揮する選手との違い。「今やらなければならないことは何か」。 まずは走行距離を伸ばした。ポイント練習も、ジョグも、何かしらプラスすることを心掛けた。補強も工夫した。新体制で副キャプテンとなり、自分だけが落ち込んでいるわけにはいかなかった。 成果はすぐに表れた。2月4日の丸亀国際ハーフで1時間2分08秒の自己新、そして3月10日の日本学生ハーフ。優勝した國學院大の青木瑠郁(3年)に抜け出されたものの、2位集団につけた近田は残り1㎞からロングスパートを仕掛ける。早大の工藤慎作(2年)、中大の白川陽大(3年)、國學院大の辻原輝(2年)らを振り切り、1時間2分19秒で2位。周囲を驚かせた。 「近田みたいに距離を増やしたら強くなるぞ」 レース後、川崎監督はそうチームを奮い立たせた。箱根以降の近田の取り組みを指揮官は注視。今季は全日本選考会、箱根予選会ともにトップ通過という目標を持つチームの見本となるようになった。 [caption id="attachment_131366" align="alignnone" width="800"] 3月の日本学生ハーフマラソンで2位に入った近田陽路[/caption] 愛知県豊橋市生まれで、走り始めたのは小学校1年生の時。持久走大会で1位になり、「長距離が向いているかも」と思ったのがきっかけだった。 「本気でやるなら」、と地元のランニングクラブ「TTランナーズ」に入った。近藤幸太郎(現・SGホールディングス)、吉居大和(現・トヨタ自動車)らも所属していたクラブで、近田は走ることを子どもの頃から楽しんでいた。 愛知・豊橋羽田中での3000m自己記録は9分17秒39。東三河地区の同学年には吉居駿恭(田原東部中、現・中大3年)がおり、中3時の記録は8分29秒64で全国ランキング2位だった。吉居駿もTTランナーズ出身だが、「格が違った。比べるどころではなかった」と近田。周りより速く走れるようになろうと、必死に練習に励んでいた。 愛知・豊川高に進むと、2、3年時に全国高校駅伝に出場。強豪校で普段から力のある選手と練習を積み重ねるなか、中央学大の川崎監督が近田の走りに目を付けた。 「いいフォームをしている。強くなるよ」 5000mの自己記録は14分23秒77で、当時の高校100傑にも入っていなかったが、「この監督のチームで戦いたい」と進学を決めた。

勝負の3年目。周囲を驚かせる走りを

箱根に対する強い情熱を持つ川崎監督。選手以上の熱意を近田も日々感じている。 一方、小学校時代に走る楽しさを教わったTTランナーズ。代表を務めるのは箱根駅伝第60回大会(1984年)の早大優勝メンバーで、7区区間賞を取った仲井(旧姓伊藤)雅弘さんだ。川崎監督も順大3年時に同じ大会の7区を走っており、区間9位。40年の時を越え、同じ区間で競った2人が近田を育てているのは何かの縁だろうか。 今年4月13日の日体大長距離競技会では、5000mで14分05秒70をマーク。狙っていた13分台には届かなかったが、着実にスピードもつけてきている。 3年目のシーズンの目標は明確だ。「エース頼りではなく、みんなで助け合って全体を引っ張り上げたい。練習がうまくいかなくて落ち込んでいる人がいたら励ましたり、全員がいい記録を出せるようなチームにしたい」。 陽路という名前は「日の当たる道を歩いていってほしい」という両親の願いが込められている。どんなにつらいことがあっても、きっといいことがある―。近田が写る写真は走っている時以外はほぼ笑顔なのが印象的だ。 TTランナーズの仲井代表からは箱根後、「来年や再来年があるから挽回できるよう頑張れ」と励まされた。後輩の中高生たちに近田はこう伝えたいという。「努力しようと思えば、人はどこまでも頑張れる。ぜひ高い目標を持って競技に取り組んでほしい」。 自らは勝負の大学3年目。箱根の悔しさを糧に、周囲をもっと驚かせる走りを見せるつもりだ。 [caption id="attachment_131365" align="alignnone" width="800"] 今年1月の箱根駅伝で9区を走る近田陽路[/caption] ◎こんだ・ひろ/2003年12月3日生まれ、愛知県豊橋市出身。豊橋羽田中→豊川高→中央学大。自己記録5000m14分05秒70、10000m29分16秒76、ハーフマラソン1時間2分08秒。 文/荒井寛太

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top