HOME 国内、大学

2024.04.07

400mH高校記録保持者の瀧野未来が立命大デビュー!400m自己新、6月の日本選手権に照準/京都インカレ
400mH高校記録保持者の瀧野未来が立命大デビュー!400m自己新、6月の日本選手権に照準/京都インカレ

立命大デビューを果たした瀧野未来

◇第88回京都学生陸上競技対校選手権大会(京都・たけびしスタジアム京都:西京極陸上競技場)

88回を数える京都インカレの女子400mに、昨年の北海道インターハイで女子400mハードル、4×100m&400mリレーの3冠を獲得した瀧野未来(立命大)が出場。今季初レースで自己ベストを0.09秒更新する54秒68の大会記録で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

400mハードルで56秒75を持つ瀧野は、この春に京都橘高から立命大に進学。大学デビュー戦の自己新に、「前半からしっかりと入り、刺激を入れるつもりでした。55秒前半ぐらいで走れればと思っていたので良かったです」と笑顔を見せた。

冬も高校で走り込みを中心に順調にこなしてきたと言い、「貯めのある動きができるようになり、今日も最後まで落ち着いて走れました」と振り返る。この後はドバイで開かれるU20アジア選手権に出場。「400mハードルで最低でも57秒前半で走り金メダルが目標です」と意気込む。

立命大には高校の先輩でもあり、あこがれの存在だというブダペスト世界選手権代表の山本亜美が在学。5月には早速、関西インカレで激突し、日本選手権でももちろん挑むことになる。

「今季は57秒前半から56秒台で安定して走れるようになって、日本選手権でも亜美先輩たち、日本の上位の選手と戦えるようにしたい」と目を輝かせた。

広告の下にコンテンツが続きます

その山本は400mハードルに出場して58秒07の大会新V。好調なシーズンインとなった。立命大の女子主将に就任した山本。「冬季は左脚のアキレス腱やハムストリングスを痛めることはありましたが、筋力トレーニングなど練習自体はしっかりこなせました」と言い、今回は「400mハードルのレース感を確認するのが目的で、その中では最後までしっかり余裕を持って走り切ることができました」とレースを総括した。

今季の目標はもちろんパリ五輪出場。「55秒93の学生記録を更新できれば、五輪も見えてくると思います」と話し、その準備は着実に整いつつある。

他では女子やり投で昨年の日本インカレで2位に食い込んでいる京大の篠田佳奈が55m51でシーズンイン。「ウエイトトレーニングを軸にバランス良くフィジカル面を強化してきました」。ベンチプレスも130kgから150kgにアップ。「体力もついて、ブロックのタイミングなども良かったです」と自己ベスト(56m57)に近い記録で初戦を終え、目標に掲げる60mオーバーでインカレ優勝に向け納得の表情だった。

男子では走高跳で日本インカレ2連覇中の山中駿(京大)がセカンドベストの2m22の大会新記録で優勝。続く関西学生記録を1cm上回る2m26は惜しくも失敗に終わったが、「これまで以上に手応えがありました。日本選手権までに確実に2m26以上を跳び、日本選手権で3位以上が目標」と力強い。安定感は欠いたが冬季から取り組んできた助走の最後の部分で進歩がみられるなど、鋭さが増した印象だった。

広告の下にコンテンツが続きます

文・写真/花木 雫

◇第88回京都学生陸上競技対校選手権大会(京都・たけびしスタジアム京都:西京極陸上競技場) 88回を数える京都インカレの女子400mに、昨年の北海道インターハイで女子400mハードル、4×100m&400mリレーの3冠を獲得した瀧野未来(立命大)が出場。今季初レースで自己ベストを0.09秒更新する54秒68の大会記録で優勝した。 400mハードルで56秒75を持つ瀧野は、この春に京都橘高から立命大に進学。大学デビュー戦の自己新に、「前半からしっかりと入り、刺激を入れるつもりでした。55秒前半ぐらいで走れればと思っていたので良かったです」と笑顔を見せた。 冬も高校で走り込みを中心に順調にこなしてきたと言い、「貯めのある動きができるようになり、今日も最後まで落ち着いて走れました」と振り返る。この後はドバイで開かれるU20アジア選手権に出場。「400mハードルで最低でも57秒前半で走り金メダルが目標です」と意気込む。 立命大には高校の先輩でもあり、あこがれの存在だというブダペスト世界選手権代表の山本亜美が在学。5月には早速、関西インカレで激突し、日本選手権でももちろん挑むことになる。 「今季は57秒前半から56秒台で安定して走れるようになって、日本選手権でも亜美先輩たち、日本の上位の選手と戦えるようにしたい」と目を輝かせた。 その山本は400mハードルに出場して58秒07の大会新V。好調なシーズンインとなった。立命大の女子主将に就任した山本。「冬季は左脚のアキレス腱やハムストリングスを痛めることはありましたが、筋力トレーニングなど練習自体はしっかりこなせました」と言い、今回は「400mハードルのレース感を確認するのが目的で、その中では最後までしっかり余裕を持って走り切ることができました」とレースを総括した。 今季の目標はもちろんパリ五輪出場。「55秒93の学生記録を更新できれば、五輪も見えてくると思います」と話し、その準備は着実に整いつつある。 他では女子やり投で昨年の日本インカレで2位に食い込んでいる京大の篠田佳奈が55m51でシーズンイン。「ウエイトトレーニングを軸にバランス良くフィジカル面を強化してきました」。ベンチプレスも130kgから150kgにアップ。「体力もついて、ブロックのタイミングなども良かったです」と自己ベスト(56m57)に近い記録で初戦を終え、目標に掲げる60mオーバーでインカレ優勝に向け納得の表情だった。 男子では走高跳で日本インカレ2連覇中の山中駿(京大)がセカンドベストの2m22の大会新記録で優勝。続く関西学生記録を1cm上回る2m26は惜しくも失敗に終わったが、「これまで以上に手応えがありました。日本選手権までに確実に2m26以上を跳び、日本選手権で3位以上が目標」と力強い。安定感は欠いたが冬季から取り組んできた助走の最後の部分で進歩がみられるなど、鋭さが増した印象だった。 文・写真/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top