HOME 国内

2024.04.01

110mH日本記録保持者・村竹ラシッドがJAL入社式出席「ワールドワイドな活躍を目指していきます」
110mH日本記録保持者・村竹ラシッドがJAL入社式出席「ワールドワイドな活躍を目指していきます」

JAL入社式に出席した村竹ラシッドと湯口英理菜

JALグループが4月1日に入社式を執り行い、アスリート社員の男子110mハードル日本記録保持者(13秒04)・村竹ラシッドが出席した。

ダークグレーのスーツに、「(JALを)イメージした」という赤色のペーズリー柄のネクタイを結んだ村竹。式典後の「Welcomeイベント」ではアスリート社員として約2600名の前に立ち、「みなさんと一緒に入社できたことを大変うれしく思いますし、この会社の名を背負って競技を続けることに、大変身の引き締まる思いでいます。ワールドワイドな活躍を目指していきます」と意気込みを語った。

広告の下にコンテンツが続きます

辞令を受け取った後に取材に応じた村竹は「あれだけの大人数の前なのでさすがに緊張しました。今はホッとしています」とはにかむ。

順大4年、最後の日本インカレで13秒04の日本タイ記録を樹立。すでにパリ五輪の参加標準記録を突破している。この冬は土台アップし、下半身に見合うように上半身を強化。「まだ5台目くらいまでしかハードルは跳んでいませんが、1台目の入りのスピード感は手応えを感じています」と充実の冬季練習を積んでいる。初戦は4月末の見込みで、ダイヤモンドリーグ(DL)蘇州への出場がかなわない場合は織田記念へスライドとなりそうだ。

今日からは陸上競技が“仕事”となる。「中学、高校、大学で辞めようと思ったこともありましたが、まさか仕事になるとは」と村竹。「自分の競技が評価される世界。競技へのスタンスは今までと変わりませんが、より一層しっかり練習に取り組んでいきたいです」と話す。

「パリ五輪と(来年の)東京世界選手権と2年続けてビッグイベントがあるので、どちらとも出場を決めて、決勝進出、メダル獲得を目指していきたいです」

広告の下にコンテンツが続きます

また、パラ陸上の湯口英理菜も日体大から入社。湯口は「JALグループ社員の皆様はじめ、多くの方々から声援をいただけるようなアスリートになるために、より一層努力してまいります」と挨拶し、「パリパラリンピックを目指して、まずは5月の世界パラ陸上選手権に向けてトレーニングに励んでいきます」と意気込みを語った。

日々、世界中の空を支えるグループ社員、そして女子やり投の北口榛花ら、世界で活躍する先輩たちを目標に、社会人としてこれから大きく羽ばたいていく。

JALグループが4月1日に入社式を執り行い、アスリート社員の男子110mハードル日本記録保持者(13秒04)・村竹ラシッドが出席した。 ダークグレーのスーツに、「(JALを)イメージした」という赤色のペーズリー柄のネクタイを結んだ村竹。式典後の「Welcomeイベント」ではアスリート社員として約2600名の前に立ち、「みなさんと一緒に入社できたことを大変うれしく思いますし、この会社の名を背負って競技を続けることに、大変身の引き締まる思いでいます。ワールドワイドな活躍を目指していきます」と意気込みを語った。 辞令を受け取った後に取材に応じた村竹は「あれだけの大人数の前なのでさすがに緊張しました。今はホッとしています」とはにかむ。 順大4年、最後の日本インカレで13秒04の日本タイ記録を樹立。すでにパリ五輪の参加標準記録を突破している。この冬は土台アップし、下半身に見合うように上半身を強化。「まだ5台目くらいまでしかハードルは跳んでいませんが、1台目の入りのスピード感は手応えを感じています」と充実の冬季練習を積んでいる。初戦は4月末の見込みで、ダイヤモンドリーグ(DL)蘇州への出場がかなわない場合は織田記念へスライドとなりそうだ。 今日からは陸上競技が“仕事”となる。「中学、高校、大学で辞めようと思ったこともありましたが、まさか仕事になるとは」と村竹。「自分の競技が評価される世界。競技へのスタンスは今までと変わりませんが、より一層しっかり練習に取り組んでいきたいです」と話す。 「パリ五輪と(来年の)東京世界選手権と2年続けてビッグイベントがあるので、どちらとも出場を決めて、決勝進出、メダル獲得を目指していきたいです」 また、パラ陸上の湯口英理菜も日体大から入社。湯口は「JALグループ社員の皆様はじめ、多くの方々から声援をいただけるようなアスリートになるために、より一層努力してまいります」と挨拶し、「パリパラリンピックを目指して、まずは5月の世界パラ陸上選手権に向けてトレーニングに励んでいきます」と意気込みを語った。 日々、世界中の空を支えるグループ社員、そして女子やり投の北口榛花ら、世界で活躍する先輩たちを目標に、社会人としてこれから大きく羽ばたいていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top