月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ラスト1回で勝敗決まる新方式「ファイナル・スリー」五輪、世陸で実施の可能性


世界陸連(WA)が発信するいくつかの競技会での新形式導入について議論が起こっている。

その最たるものは、新形式、通称「ファイナル・スリー」だ。これは今年のダイヤモンドリーグ(DL)ストックホルム大会の走幅跳で初めて実施されたもの。5回までの試技で上位3人のみが6回目の試技に挑むことができ、最後の跳躍で出した記録で順位がつけられる。これはよりエンタテインメント性を重視したレギュレーションとして採用された。

DLストックホルムでは、2回目と3回目に8m13を跳んでいたT.モントラー(スウェーデン)は6回目の記録が8m06だったため、6回目に8m09を跳んだZ.ヴィッサー(南アフリカ)に敗れ、その日最も良い記録を出していたにもかかわらず2位という結果となっていた。

この新形式が五輪、世界選手権で採用される可能性が浮上しており、一部選手からは批判の声も起こっている。2019年の11月1日に出された2020年版のルール(一部2020年1月31日に改訂)以降にルールが改められたわけではないが、2020年9月28日にWAが変更点のリストを発表し、その中に「世界選手権および五輪は、新たな形式での競技実施を許可される大会からもはや除外されない」(Technical Rule 1 (was IAAF rule 100) – World Championships and Olympic Games no longer excluded from competitions where events may be held in an alternative format)という一文があった。

つまり、これまでは、エンタテインメント性を重視する新形式での大会実施について五輪・世界選手権は対象外となっていたが、その改変について明示されたというわけだ。

Technical Rule 1 の条文は
「すべての競技会で、テクニカルルールとは異なる形式で競技を実施してよい。ただし選手が現行ルールよりもより多くの権利を得るようなルールを適用してはならない」となっており、28日付のWAのリストによって、新形式による競技が実施できる大会として五輪、世界選手権が排除されないことが改めて確認された。
(In all competitions, events may be held in a different format from that provided under the Technical Rules but rules giving more rights to the athletes than they would have obtained applying the actual Rules, may not be applied.)
HPはこちら

これを受け、16年リオ五輪女子棒高跳金メダリストのK.ステファニディ(ギリシャ)は9月29日に自身のツイッターで「これはひどい。IOCが私たちのスポーツをコントロールする範囲が大き過ぎる」(This is terrifying. It’s quite incredible the extend to which the IOC is controlling our sport.)
と投稿し、強い反発をあらわにした。※ステファニディは「IOCが陸上にイノベーションを強要しているから起こっていることだ」とツイッターで持論を展開しているが、IOCとの関係がルール作成に及ぼした影響についての事実関係は明らかでない。

「ファイナル・スリー」についてはDLストックホルム大会後の8月22日に、C.テイラー(米国)が会長を務めるアスリートアソシエーションが「ストックホルム大会に出場した者を含む約87%の選手が、この形式に反感を感じている」として不満を表明している。

※すべてWAのHPより編集部訳



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com