HOME ニュース、海外

2020.09.30

【海外】ラスト1回で勝敗決まる新方式「ファイナル・スリー」五輪、世陸で実施の可能性
【海外】ラスト1回で勝敗決まる新方式「ファイナル・スリー」五輪、世陸で実施の可能性


世界陸連(WA)が発信するいくつかの競技会での新形式導入について議論が起こっている。

その最たるものは、新形式、通称「ファイナル・スリー」だ。これは今年のダイヤモンドリーグ(DL)ストックホルム大会の走幅跳で初めて実施されたもの。5回までの試技で上位3人のみが6回目の試技に挑むことができ、最後の跳躍で出した記録で順位がつけられる。これはよりエンタテインメント性を重視したレギュレーションとして採用された。

DLストックホルムでは、2回目と3回目に8m13を跳んでいたT.モントラー(スウェーデン)は6回目の記録が8m06だったため、6回目に8m09を跳んだZ.ヴィッサー(南アフリカ)に敗れ、その日最も良い記録を出していたにもかかわらず2位という結果となっていた。

この新形式が五輪、世界選手権で採用される可能性が浮上しており、一部選手からは批判の声も起こっている。2019年の11月1日に出された2020年版のルール(一部2020年1月31日に改訂)以降にルールが改められたわけではないが、2020年9月28日にWAが変更点のリストを発表し、その中に「世界選手権および五輪は、新たな形式での競技実施を許可される大会からもはや除外されない」(Technical Rule 1 (was IAAF rule 100) – World Championships and Olympic Games no longer excluded from competitions where events may be held in an alternative format)という一文があった。

つまり、これまでは、エンタテインメント性を重視する新形式での大会実施について五輪・世界選手権は対象外となっていたが、その改変について明示されたというわけだ。

Technical Rule 1 の条文は
「すべての競技会で、テクニカルルールとは異なる形式で競技を実施してよい。ただし選手が現行ルールよりもより多くの権利を得るようなルールを適用してはならない」となっており、28日付のWAのリストによって、新形式による競技が実施できる大会として五輪、世界選手権が排除されないことが改めて確認された。
(In all competitions, events may be held in a different format from that provided under the Technical Rules but rules giving more rights to the athletes than they would have obtained applying the actual Rules, may not be applied.)
HPはこちら

これを受け、16年リオ五輪女子棒高跳金メダリストのK.ステファニディ(ギリシャ)は9月29日に自身のツイッターで「これはひどい。IOCが私たちのスポーツをコントロールする範囲が大き過ぎる」(This is terrifying. It’s quite incredible the extend to which the IOC is controlling our sport.)
と投稿し、強い反発をあらわにした。※ステファニディは「IOCが陸上にイノベーションを強要しているから起こっていることだ」とツイッターで持論を展開しているが、IOCとの関係がルール作成に及ぼした影響についての事実関係は明らかでない。

「ファイナル・スリー」についてはDLストックホルム大会後の8月22日に、C.テイラー(米国)が会長を務めるアスリートアソシエーションが「ストックホルム大会に出場した者を含む約87%の選手が、この形式に反感を感じている」として不満を表明している。

※すべてWAのHPより編集部訳

世界陸連(WA)が発信するいくつかの競技会での新形式導入について議論が起こっている。 その最たるものは、新形式、通称「ファイナル・スリー」だ。これは今年のダイヤモンドリーグ(DL)ストックホルム大会の走幅跳で初めて実施されたもの。5回までの試技で上位3人のみが6回目の試技に挑むことができ、最後の跳躍で出した記録で順位がつけられる。これはよりエンタテインメント性を重視したレギュレーションとして採用された。 DLストックホルムでは、2回目と3回目に8m13を跳んでいたT.モントラー(スウェーデン)は6回目の記録が8m06だったため、6回目に8m09を跳んだZ.ヴィッサー(南アフリカ)に敗れ、その日最も良い記録を出していたにもかかわらず2位という結果となっていた。 この新形式が五輪、世界選手権で採用される可能性が浮上しており、一部選手からは批判の声も起こっている。2019年の11月1日に出された2020年版のルール(一部2020年1月31日に改訂)以降にルールが改められたわけではないが、2020年9月28日にWAが変更点のリストを発表し、その中に「世界選手権および五輪は、新たな形式での競技実施を許可される大会からもはや除外されない」(Technical Rule 1 (was IAAF rule 100) – World Championships and Olympic Games no longer excluded from competitions where events may be held in an alternative format)という一文があった。 つまり、これまでは、エンタテインメント性を重視する新形式での大会実施について五輪・世界選手権は対象外となっていたが、その改変について明示されたというわけだ。 Technical Rule 1 の条文は 「すべての競技会で、テクニカルルールとは異なる形式で競技を実施してよい。ただし選手が現行ルールよりもより多くの権利を得るようなルールを適用してはならない」となっており、28日付のWAのリストによって、新形式による競技が実施できる大会として五輪、世界選手権が排除されないことが改めて確認された。 (In all competitions, events may be held in a different format from that provided under the Technical Rules but rules giving more rights to the athletes than they would have obtained applying the actual Rules, may not be applied.) HPはこちら これを受け、16年リオ五輪女子棒高跳金メダリストのK.ステファニディ(ギリシャ)は9月29日に自身のツイッターで「これはひどい。IOCが私たちのスポーツをコントロールする範囲が大き過ぎる」(This is terrifying. It’s quite incredible the extend to which the IOC is controlling our sport.) と投稿し、強い反発をあらわにした。※ステファニディは「IOCが陸上にイノベーションを強要しているから起こっていることだ」とツイッターで持論を展開しているが、IOCとの関係がルール作成に及ぼした影響についての事実関係は明らかでない。 「ファイナル・スリー」についてはDLストックホルム大会後の8月22日に、C.テイラー(米国)が会長を務めるアスリートアソシエーションが「ストックホルム大会に出場した者を含む約87%の選手が、この形式に反感を感じている」として不満を表明している。 ※すべてWAのHPより編集部訳

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top