HOME 高校

2024.02.18

男子は4区から独走の洛南A 女子は中盤で首位浮上の薫英女学院Aが制す/西脇多可高校新人駅伝
男子は4区から独走の洛南A 女子は中盤で首位浮上の薫英女学院Aが制す/西脇多可高校新人駅伝

薫英女学院・小田美月

第16回西脇多可新人高校駅伝は2月18日、兵庫県西脇市と多可町を通る北はりま田園ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)は洛南A(京都)が2時間4分39秒で、女子(5区間21.0975km)は薫英女学院A(大阪)が1時間10分10秒で、それぞれ優勝した。

洛南Aは1区12位スタートから、2区で5位、3区で2位と順位を上げると、4区(8.05km)の谷口僚哉(1年)が24分33秒で区間賞。先頭の佐久長聖A(長野)をかわし、トップに立った。その後は首位を独走。アンカー(7区5km)の井上朋哉(2年)が13分58秒の区間賞で締めた。

広告の下にコンテンツが続きます

2位は須磨学園(兵庫)で3位は佐久長聖Aだった。

女子の薫英女学院は2区終了時で3位だったが、先頭と26秒差でタスキを受けた3区(2.6km)の船木心優(1年)が8分19秒で区間賞で一気に1位に。4区(3.4975km)の塚本夕藍(2年)も11分10秒で区間賞にリードを拡大すると、アンカーの小田美月(2年)が真っ先にフィニッシュした。

2位は立命館宇治(京都)、3位は長野東・成田(長野/千葉)の合同チームが入った。

第16回西脇多可新人高校駅伝は2月18日、兵庫県西脇市と多可町を通る北はりま田園ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)は洛南A(京都)が2時間4分39秒で、女子(5区間21.0975km)は薫英女学院A(大阪)が1時間10分10秒で、それぞれ優勝した。 洛南Aは1区12位スタートから、2区で5位、3区で2位と順位を上げると、4区(8.05km)の谷口僚哉(1年)が24分33秒で区間賞。先頭の佐久長聖A(長野)をかわし、トップに立った。その後は首位を独走。アンカー(7区5km)の井上朋哉(2年)が13分58秒の区間賞で締めた。 2位は須磨学園(兵庫)で3位は佐久長聖Aだった。 女子の薫英女学院は2区終了時で3位だったが、先頭と26秒差でタスキを受けた3区(2.6km)の船木心優(1年)が8分19秒で区間賞で一気に1位に。4区(3.4975km)の塚本夕藍(2年)も11分10秒で区間賞にリードを拡大すると、アンカーの小田美月(2年)が真っ先にフィニッシュした。 2位は立命館宇治(京都)、3位は長野東・成田(長野/千葉)の合同チームが入った。

西脇多可新人高校駅伝の上位成績

●総合男子 1位 洛南A(京都) 2時間4分39秒 2位 須磨学園(兵庫) 2時間6分33秒 3位 佐久長聖A(長野) 2時間7分07秒 4位 大牟田(福岡) 2時間7分15秒 5位 九州学院(熊本) 2時間7分22秒 6位 洛北(京都) 2時間7分30秒 7位 西脇工A(兵庫) 2時間7分52秒 8位 鳥栖工(佐賀) 2時間8分47秒 ●区間賞 1区(10km) 首藤海翔(倉敷1岡山) 30分00秒 2区(2.6km) 濵口大和(佐久長聖A2長野) 7分02秒 3区(8.545km) 椙山一颯(九州学院2熊本) 24分43秒 4区(8.05km) 谷口俊哉(洛南A1京都) 24分33秒 5区(3km) 篠和真(佐久長聖A2長野) 8分33秒 6区(5km) 安東海音(和歌山北2和歌山) 14分37秒 7区(5km) 井上朋哉(洛南A2京都) 13分58秒 [adinserter block="4"] ●総合女子 1位 薫英女学院A(大阪) 1時間10分10秒 2位 立命館宇治(京都) 1時間11分17秒 3位 長野東・成田(長野/千葉) 1時間11分29秒 4位 薫英女学院B(大阪) 1時間11分49秒 5位 和歌山北(和歌山) 1時間13分11秒 6位 常葉菊川(静岡) 1時間13分56秒 7位 西脇工(兵庫) 1時間14分17秒 8位 京都外大西A(京都) 1時間15分07秒 ●区間賞 1区(6km) 佐藤ゆあ(立命館宇治2京都) 20分28秒 2区(4km) 窪田舞(長野東・成田2) 13分06秒 3区(2.6km) 船木心優(薫英女学院A1大阪) 8分19秒 4区(3.4975km) 塚本夕藍(薫英女学院A2大阪) 11分10秒 5区(5km) 真柴愛里(長野東・成田1) 16分30秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top