月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【短距離】日本選手権欠場の山縣亮太が思い綴る「もう一度自己記録を出し東京五輪へ」


今年の日本選手権を欠場する男子短距離の山縣亮太(セイコー)が、自身の思いをSNSにつづった。

「2018年の冬から自己記録を更新すべく、自分たちなりに考えてさまざまなトレーニングに取り組んできた」と山縣。昨年は肺気胸を患い日本選手権を欠場、その後は復帰に向けて米国などでトレーニングを続けてきたが、冬には足首の靱帯を痛めたことも先の合同インタビューで明かしている。

今年の日本選手権は右膝痛のため見送り、その後予定していた田島紀念も出場せずにシーズンアウト。山縣はケガについて「すべてのことにはきちんと原因がある」とし、「問題と真摯に向き合うほど、少しずつでも解決に向うものだと私は信じています」と信念を示す。

来年の東京五輪に向けて、「もう一度自己記録を出し、東京五輪で活躍する」と強い決意を語り、そのための準備に入る。

以下、山縣亮太SNSより(原文ママ)
「応援してくださる皆様へ
リリースにありました通り、この度日本選手権を欠場することにいたしました。今シーズンはその後のレースの予定も無くなったので、これでシーズンオフとなります。この様なご時世にありながらも、2020年の私のレースを楽しみにしてくださっていた方々に対し満足いく姿をお見せできなかったことを私自身大変残念に思います。
2018年の冬から自己記録を更新すべく、自分達なりに考えて様々なトレーニングに取り組んできました。ただここ2年振り返れば見立ての甘さから怪我もあり、現在もそのもどかしさと変革のど真ん中にいるような状態です。
なぜ怪我をするのか、どうしたら記録を伸ばせるか、いつも疑問は絶えません。ただおそらくすべてのことにはきちんと原因があって、問題と真摯に向き合うほど、少しずつでも解決に向うものだと私は信じています。もう一度自己記録を出し、東京五輪で活躍するそのために必要なことを、そこそこ長い競技経験でもって見極めてもう一度鍛え直してきます。サポート陣と自分を頼りに必ずまた強くなって戻ってきますから期待していて下さい。
最後に今年の日本選手権に出場される選手の皆様においては、秋めいた分寒さもあると思うのでどうか怪我には気をつけて、それぞれが力を出し切る素晴らしい大会になることを願っています。長くなってしまいましたが読んでくださってありがとうございました。以上」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com