HOME 高校

2024.02.05

U20走幅跳は曲山純平が7m40 2年ぶり全国V「最高の形」で有終の美/日本室内陸上
U20走幅跳は曲山純平が7m40 2年ぶり全国V「最高の形」で有終の美/日本室内陸上

24年日本室内陸上のU20男子走幅跳を制した曲山

◇日本室内陸上大阪大会(2月3、4日/大阪城ホール)2日目

U20・18・16のカテゴリーが実施される日本室内陸上大阪大会の2日目が行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

U20男子走幅跳は、4回目に屋外の自己ベストに3cmと迫る7m40をマークした曲山純平(日大東北高3福島)が2022年のU18の部に続く2度目のタイトルを手にした。

「高校最後の大会を最高の形で締めくくれて本当にうれしい」と笑顔の曲山。「ほとんど跳躍練習をしていなかったので、まさか優勝できるとは思っていませんでした。それでも、スタミナ強化を目指し走り込みをしてきたので、本数を重ねても余裕がありました」。

昨シーズンは、6月のU20日本選手権では3位と気を吐いたが、優勝を狙った北海道インターハイで予選敗退。秋の鹿児島国体で自己ベストをマークして2位に入ったものの、頂点に届かず悔しさをにじませていた。

それだけに「2024年はいいスタートが切れました。小学校時代からお世話になっている先生の前でタイトルが取れ、恩返しができて良かった」と納得の表情で話した。

広告の下にコンテンツが続きます

春からは強豪がそろう日大に進む。「1年から学内選考を勝ち抜けるだけの実力をつけ、いろんな大会に出場できるよう頑張りたい。在学中に8mが跳べるようになりたいです」と目標を話す。

今年度は2年に1度のU20世界選手権の開催年。「7m60以上を安定して跳べるようにしてU20世界選手権の代表争いに加われるよう練習を積んでいきたいです」と、相性のいい大阪室内でつかんだ自信を胸にさらなる飛躍を誓った。

上位3人が4cm差にひしめく混戦となったU20男子三段跳は、北海道インターハイ6位で、公認では自身初の15mオーバーとなる15m13を2回目に跳んだ日下哲也(前橋商高3群馬)がV。同男子60mは前日のU18の部を制したアブラハム光オシナチ(東大阪大柏原高2)と同じ大阪のライバルでもある西岡尚輝(東海大仰星高2)がタイムも同じ6秒73で優勝した。

U20女子60mはインターハイ(100m&200m)、国体(100m&300m)でそれぞれ2冠に輝いている山形愛羽(熊本中央高3熊本)が7秒46で快勝したが「U20記録(7秒38)を出したかった」と悔しがった。卒業後は福岡大で世界を目指していく。

広告の下にコンテンツが続きます

同じく女子走幅跳はインターハイ&国体を制している恒石望乃(高農ベアーズ/高知高3高知)が6m18の大会新記録で連覇を果たした。

文/花木 雫

◇日本室内陸上大阪大会(2月3、4日/大阪城ホール)2日目 U20・18・16のカテゴリーが実施される日本室内陸上大阪大会の2日目が行われた。 U20男子走幅跳は、4回目に屋外の自己ベストに3cmと迫る7m40をマークした曲山純平(日大東北高3福島)が2022年のU18の部に続く2度目のタイトルを手にした。 「高校最後の大会を最高の形で締めくくれて本当にうれしい」と笑顔の曲山。「ほとんど跳躍練習をしていなかったので、まさか優勝できるとは思っていませんでした。それでも、スタミナ強化を目指し走り込みをしてきたので、本数を重ねても余裕がありました」。 昨シーズンは、6月のU20日本選手権では3位と気を吐いたが、優勝を狙った北海道インターハイで予選敗退。秋の鹿児島国体で自己ベストをマークして2位に入ったものの、頂点に届かず悔しさをにじませていた。 それだけに「2024年はいいスタートが切れました。小学校時代からお世話になっている先生の前でタイトルが取れ、恩返しができて良かった」と納得の表情で話した。 春からは強豪がそろう日大に進む。「1年から学内選考を勝ち抜けるだけの実力をつけ、いろんな大会に出場できるよう頑張りたい。在学中に8mが跳べるようになりたいです」と目標を話す。 今年度は2年に1度のU20世界選手権の開催年。「7m60以上を安定して跳べるようにしてU20世界選手権の代表争いに加われるよう練習を積んでいきたいです」と、相性のいい大阪室内でつかんだ自信を胸にさらなる飛躍を誓った。 上位3人が4cm差にひしめく混戦となったU20男子三段跳は、北海道インターハイ6位で、公認では自身初の15mオーバーとなる15m13を2回目に跳んだ日下哲也(前橋商高3群馬)がV。同男子60mは前日のU18の部を制したアブラハム光オシナチ(東大阪大柏原高2)と同じ大阪のライバルでもある西岡尚輝(東海大仰星高2)がタイムも同じ6秒73で優勝した。 U20女子60mはインターハイ(100m&200m)、国体(100m&300m)でそれぞれ2冠に輝いている山形愛羽(熊本中央高3熊本)が7秒46で快勝したが「U20記録(7秒38)を出したかった」と悔しがった。卒業後は福岡大で世界を目指していく。 同じく女子走幅跳はインターハイ&国体を制している恒石望乃(高農ベアーズ/高知高3高知)が6m18の大会新記録で連覇を果たした。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top