HOME 駅伝

2023.10.29

立命大が2区も首位堅守!立命大・太田咲雪が名城大・力丸楓との1年生対決制す/全日本大学女子駅伝
立命大が2区も首位堅守!立命大・太田咲雪が名城大・力丸楓との1年生対決制す/全日本大学女子駅伝

立命大2区太田から3区荒田へのタスキリレー

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・弘進ゴムアスリートパーク仙台発着、6区間38.0km)

第41回全日本大学女子駅伝が行われ、2区(4.0km)でも立命大が首位を堅守した。

立命大は関西インカレ1500m優勝のルーキー・太田咲雪、3秒差で追う名城大も1年生・力丸楓。中盤まではその差が変わらなかったが、終盤に地元・仙台一高出身の力丸が差をつめ、残り1kmを切って逆転する。

だが、立命大・太田が意地を見せ、一気のスパートで再び首位を奪還。1区の村松灯に続く連続区間賞で、2位の名城大に6秒差をつけて、2区間連続のトップで中継した。

拓大が38秒差の3位に浮上し、日体大は47秒差の4位。5位に49秒差で関大が続き、大東大は6位に浮上したもののタイム差は57秒に広がった。

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・弘進ゴムアスリートパーク仙台発着、6区間38.0km) 第41回全日本大学女子駅伝が行われ、2区(4.0km)でも立命大が首位を堅守した。 立命大は関西インカレ1500m優勝のルーキー・太田咲雪、3秒差で追う名城大も1年生・力丸楓。中盤まではその差が変わらなかったが、終盤に地元・仙台一高出身の力丸が差をつめ、残り1kmを切って逆転する。 だが、立命大・太田が意地を見せ、一気のスパートで再び首位を奪還。1区の村松灯に続く連続区間賞で、2位の名城大に6秒差をつけて、2区間連続のトップで中継した。 拓大が38秒差の3位に浮上し、日体大は47秒差の4位。5位に49秒差で関大が続き、大東大は6位に浮上したもののタイム差は57秒に広がった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top