HOME 国内、高校

2023.10.16

300mH瀧野未来が連覇!重圧はねのけ「自信になります」来年は「金色のライオンを」/鹿児島国体
300mH瀧野未来が連覇!重圧はねのけ「自信になります」来年は「金色のライオンを」/鹿児島国体

瀧野未来(京都橘高)

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)4日目

鹿児島特別国体の4日目に少年女子A300mハードルが行われ、瀧野未来(京都・京都橘高3)が41秒78で連覇を飾った。

400mハードルでインターハイを連覇し、10月1日のアスレチックスチャレンジカップ(新潟)で56秒90の高校新を樹立している瀧野。300mハードルは「1年ぶり」と前回の国体(42秒03)を制して以来だった。「全然練習していなくて、どれくらいのタイムが出るかわかりませんでした」と言う。

前日の予選から41秒45と自身の持つ大会記録とU20日本記録をあっさりと塗り替え、「とりあえず1年前より速くなっていて良かった」と笑い飛ばす。

決勝が行われた今日は、予選以上に前半からコーナーまで強い風にあおられ、「4台目まで15歩で行きたかったところを2台目までしか行けなくて、3台目から7台目まで16歩に替えました」と言う。予選の走りから「ロスをなくせば40秒台も出せるんじゃないかと思った」そうだが、あいにくのコンディションに苦笑い。それでも、歩数を対応できたのは収穫だという。

インターハイチャンピオン、そして連覇という肩書きは「プレッシャーだった」と本音もある。そうした中でシーズン通して「勝ちきるというのは難しいことだと思うので、タフになってできたのはこれからの自信になると思います」と胸を張った。

300mハードルを走った後は、なんと京都チームとして成年少年4×100mリレーと、男女混合4×400mリレーを激走。マイルでは決勝進出に貢献と、まさにフル回転だった。

来年からは大学に進学予定で、シニアが主戦場に。高校の大先輩でもあり、あこがれでもあるブダペスト世界選手権代表の山本亜美(立命大)らの背中を追いかけることとなる。

「レベルが高くなりますし、今はうまくいっているだけで、絶対に苦労すると思っています。一生懸命頑張っても結果が出ない時もあると思いますが、その時は初心に戻って頑張ります」

覚悟を持って臨む大学シーズンだが、「とりあえず来年は日本選手権で金色のライオン(のメダル)を取りたいなって思っています」と、あどけない笑顔で、目を輝かせながら堂々と宣言した。

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)4日目 鹿児島特別国体の4日目に少年女子A300mハードルが行われ、瀧野未来(京都・京都橘高3)が41秒78で連覇を飾った。 400mハードルでインターハイを連覇し、10月1日のアスレチックスチャレンジカップ(新潟)で56秒90の高校新を樹立している瀧野。300mハードルは「1年ぶり」と前回の国体(42秒03)を制して以来だった。「全然練習していなくて、どれくらいのタイムが出るかわかりませんでした」と言う。 前日の予選から41秒45と自身の持つ大会記録とU20日本記録をあっさりと塗り替え、「とりあえず1年前より速くなっていて良かった」と笑い飛ばす。 決勝が行われた今日は、予選以上に前半からコーナーまで強い風にあおられ、「4台目まで15歩で行きたかったところを2台目までしか行けなくて、3台目から7台目まで16歩に替えました」と言う。予選の走りから「ロスをなくせば40秒台も出せるんじゃないかと思った」そうだが、あいにくのコンディションに苦笑い。それでも、歩数を対応できたのは収穫だという。 インターハイチャンピオン、そして連覇という肩書きは「プレッシャーだった」と本音もある。そうした中でシーズン通して「勝ちきるというのは難しいことだと思うので、タフになってできたのはこれからの自信になると思います」と胸を張った。 300mハードルを走った後は、なんと京都チームとして成年少年4×100mリレーと、男女混合4×400mリレーを激走。マイルでは決勝進出に貢献と、まさにフル回転だった。 来年からは大学に進学予定で、シニアが主戦場に。高校の大先輩でもあり、あこがれでもあるブダペスト世界選手権代表の山本亜美(立命大)らの背中を追いかけることとなる。 「レベルが高くなりますし、今はうまくいっているだけで、絶対に苦労すると思っています。一生懸命頑張っても結果が出ない時もあると思いますが、その時は初心に戻って頑張ります」 覚悟を持って臨む大学シーズンだが、「とりあえず来年は日本選手権で金色のライオン(のメダル)を取りたいなって思っています」と、あどけない笑顔で、目を輝かせながら堂々と宣言した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top