HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.15

東京国際大は本戦連続出場が「6」でストップ「気を引き締めて全日本に向かっていきたい」/箱根駅伝予選会
東京国際大は本戦連続出場が「6」でストップ「気を引き締めて全日本に向かっていきたい」/箱根駅伝予選会

23年箱根駅伝予選会を14位で敗退した東京国際大

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

史上最多の57チームが参加して行われた第100回箱根駅伝予選会。記念大会のため、予選会からの出場チームが「13」と増枠されたが、今年もまたボーダーラインでの悲劇が待っていた。

その憂き目にあったのは、2021年の出雲駅伝優勝や、20、22年と2度の箱根駅伝総合5位と、近年の学生駅伝新興勢力を牽引してきた東京国際大。今大会も、春に5000m、10000mの2種目で学生新記録を樹立し、入学ほどなくして「史上最強留学生」の呼び声が高かったリチャード・エティーリ(1年)や、経験豊富な村松敬哲(4年)や、佐藤榛紀(3年)ら充実の戦力で、今大会トップ通過の有力候補だった。

しかし、8km過ぎに先頭争いをしていたエティーリが他選手と足が絡んで転倒する事態に。すぐさまレースに復帰し、しばらくは先頭集団にしがみついていたものの、右足を痛めた影響で、10km以降は大きくペースダウン。1時間2分11秒の個人12位にとどまった。

さらに、後方の日本人集団も、「想定よりも早い段階で集団走がバラけてしまった」と横溝三郎監督。15km地点までは通過圏内でレースを進めていたが、昭和記念公園内の折り返し地点(17.4km)の計測で、通過ボーダーラインから1分06秒遅れの総合15位に転落。それでも終盤は、エティーリに次いでチーム2番手でフィニッシュした川内琉生(2年)らがペースを上げる猛追を見せた。

だが、結果は次点の14位。13位の山梨学大との差はわずか3秒だった。

「エティーリが転倒した情報を聞いて動揺もあったかもしれません。ペースを上げようとしたけど、後半なかなか上げることができませんでした」と村松は振り返る。思い通りのレースプランを遂行することができず、7年ぶりに本戦出場を逃した。

指揮官は「通過はできると思っていたのでショックはあります。3秒差ですか……。悔しいですね」と静かにレースを振り返った。

今季、残された駅伝は11月の全日本大学駅伝のみ。「もう一度気を引き締めて全日本に向かっていきたいと思います」と横溝監督。距離にして約20m先の箱根への扉を逃した悔しさを、伊勢路にすべてぶつけるつもりだ。

文/田中 葵

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 史上最多の57チームが参加して行われた第100回箱根駅伝予選会。記念大会のため、予選会からの出場チームが「13」と増枠されたが、今年もまたボーダーラインでの悲劇が待っていた。 その憂き目にあったのは、2021年の出雲駅伝優勝や、20、22年と2度の箱根駅伝総合5位と、近年の学生駅伝新興勢力を牽引してきた東京国際大。今大会も、春に5000m、10000mの2種目で学生新記録を樹立し、入学ほどなくして「史上最強留学生」の呼び声が高かったリチャード・エティーリ(1年)や、経験豊富な村松敬哲(4年)や、佐藤榛紀(3年)ら充実の戦力で、今大会トップ通過の有力候補だった。 しかし、8km過ぎに先頭争いをしていたエティーリが他選手と足が絡んで転倒する事態に。すぐさまレースに復帰し、しばらくは先頭集団にしがみついていたものの、右足を痛めた影響で、10km以降は大きくペースダウン。1時間2分11秒の個人12位にとどまった。 さらに、後方の日本人集団も、「想定よりも早い段階で集団走がバラけてしまった」と横溝三郎監督。15km地点までは通過圏内でレースを進めていたが、昭和記念公園内の折り返し地点(17.4km)の計測で、通過ボーダーラインから1分06秒遅れの総合15位に転落。それでも終盤は、エティーリに次いでチーム2番手でフィニッシュした川内琉生(2年)らがペースを上げる猛追を見せた。 だが、結果は次点の14位。13位の山梨学大との差はわずか3秒だった。 「エティーリが転倒した情報を聞いて動揺もあったかもしれません。ペースを上げようとしたけど、後半なかなか上げることができませんでした」と村松は振り返る。思い通りのレースプランを遂行することができず、7年ぶりに本戦出場を逃した。 指揮官は「通過はできると思っていたのでショックはあります。3秒差ですか……。悔しいですね」と静かにレースを振り返った。 今季、残された駅伝は11月の全日本大学駅伝のみ。「もう一度気を引き締めて全日本に向かっていきたいと思います」と横溝監督。距離にして約20m先の箱根への扉を逃した悔しさを、伊勢路にすべてぶつけるつもりだ。 文/田中 葵

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top