HOME 駅伝

2023.10.09

区間賞2つの創価大が過去最高の2位!「この勢いを全日本、箱根へ」/出雲駅伝
区間賞2つの創価大が過去最高の2位!「この勢いを全日本、箱根へ」/出雲駅伝

23年出雲駅伝でチーム最高の2位となった創価大。5区の吉田響(左)が区間賞を獲得すると、6区吉田凌も区間5位と好走した

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ)

大会新Vを飾った駒大のフィニッシュから1分43秒後、2番目に出雲ドームに姿を現したのは創価大のアンカー・吉田凌(3年)だった。笑顔でテープを切った吉田の元に仲間たちが駆けつけ、チームの過去最高の準優勝を全員で喜んだ。

広告の下にコンテンツが続きます

初出場となった2021年から7位、6位とステップアップし、3度目の出場で一気に飛躍する2位。榎木和貴監督は「1区から良い流れでつなぎ、1人ひとりが力を発揮してくれました。昨年度の強い卒業生が抜けて不安視されましたが、選手たちがみんなで乗り越えてくれた結果です」と選手たちを讃えた。

1区の石丸惇那(2年)は先頭と35秒差の5位とまずまずのスタートを切ると、2区の小池莉希(1年)もルーキーらしく攻めの走りで区間5位。9月下旬に5000mで13分34秒91と好走した勢いを駅伝でも発揮し、5位をキープした。

指揮官が「ポイント区間」に挙げた3区は駅伝デビュー戦となったリーキー・カミナ(3年)。区間2位の好走で2位に浮上し、後続に勢いをもたらした。

続く4区と5区は「勝負の区間」と位置づけており、任された山森龍暁(4年)と吉田響(3年)が快走を演じる。

広告の下にコンテンツが続きます

4年生ただ一人のエントリーとなった山森は「3区までの選手ががんばってくれたので、自分もしっかり走ろうと思っていました」との強い思いを持って単独2位を疾走。青学大の山内健登(4年)と同タイムながら区間賞に輝き、首位・駒大との差を57秒から45秒まで縮めた。

5区の吉田響も駒大との差を39秒まで詰める力走。「持ち味でもある我慢強さを生かすためにも5区を志願しました」との強い覚悟を走りで表し、山森に続く2区間連続区間トップに輝いた。

アンカーの吉田凌も区間5位でまとめ、終わってみれば全員が区間5位以内という抜群の安定感を見せた。

「4区と5区が勝負と捉えていましたが、山森が攻めの走りをしてくれて、それが5区の吉田響、6区の吉田凌にもつながったと思います」と指揮官は最上級生として好走した山森を評価。

広告の下にコンテンツが続きます

5区の吉田響は今年2月まで東海大に在籍し、1年時の箱根駅伝では5区で区間2位と好走している選手。「一時は引退も考えていたと」という時期に創価大から声がかかり、今年4月に創価大に転入してきた経歴がある。

新天地にも順応し、榎木監督と密にコミュニケーションを図りながら、「順調に練習が積めています」と言う。東海大在籍中だった昨年10月の箱根駅伝予選会以来の公式戦だったが、区間賞という最高の結果で恩返しを果たした。

2021年の箱根駅伝で往路優勝&総合準優勝という成績を収め、一躍強豪校の仲間入りを果たした創価大。出雲路でも過去最高順位を残し、「この勢いを全日本大学駅伝、箱根駅伝にもつなげてほしい」と、榎木監督は選手たちにさらなる飛躍を促した。

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ) 大会新Vを飾った駒大のフィニッシュから1分43秒後、2番目に出雲ドームに姿を現したのは創価大のアンカー・吉田凌(3年)だった。笑顔でテープを切った吉田の元に仲間たちが駆けつけ、チームの過去最高の準優勝を全員で喜んだ。 初出場となった2021年から7位、6位とステップアップし、3度目の出場で一気に飛躍する2位。榎木和貴監督は「1区から良い流れでつなぎ、1人ひとりが力を発揮してくれました。昨年度の強い卒業生が抜けて不安視されましたが、選手たちがみんなで乗り越えてくれた結果です」と選手たちを讃えた。 1区の石丸惇那(2年)は先頭と35秒差の5位とまずまずのスタートを切ると、2区の小池莉希(1年)もルーキーらしく攻めの走りで区間5位。9月下旬に5000mで13分34秒91と好走した勢いを駅伝でも発揮し、5位をキープした。 指揮官が「ポイント区間」に挙げた3区は駅伝デビュー戦となったリーキー・カミナ(3年)。区間2位の好走で2位に浮上し、後続に勢いをもたらした。 続く4区と5区は「勝負の区間」と位置づけており、任された山森龍暁(4年)と吉田響(3年)が快走を演じる。 4年生ただ一人のエントリーとなった山森は「3区までの選手ががんばってくれたので、自分もしっかり走ろうと思っていました」との強い思いを持って単独2位を疾走。青学大の山内健登(4年)と同タイムながら区間賞に輝き、首位・駒大との差を57秒から45秒まで縮めた。 5区の吉田響も駒大との差を39秒まで詰める力走。「持ち味でもある我慢強さを生かすためにも5区を志願しました」との強い覚悟を走りで表し、山森に続く2区間連続区間トップに輝いた。 アンカーの吉田凌も区間5位でまとめ、終わってみれば全員が区間5位以内という抜群の安定感を見せた。 「4区と5区が勝負と捉えていましたが、山森が攻めの走りをしてくれて、それが5区の吉田響、6区の吉田凌にもつながったと思います」と指揮官は最上級生として好走した山森を評価。 5区の吉田響は今年2月まで東海大に在籍し、1年時の箱根駅伝では5区で区間2位と好走している選手。「一時は引退も考えていたと」という時期に創価大から声がかかり、今年4月に創価大に転入してきた経歴がある。 新天地にも順応し、榎木監督と密にコミュニケーションを図りながら、「順調に練習が積めています」と言う。東海大在籍中だった昨年10月の箱根駅伝予選会以来の公式戦だったが、区間賞という最高の結果で恩返しを果たした。 2021年の箱根駅伝で往路優勝&総合準優勝という成績を収め、一躍強豪校の仲間入りを果たした創価大。出雲路でも過去最高順位を残し、「この勢いを全日本大学駅伝、箱根駅伝にもつなげてほしい」と、榎木監督は選手たちにさらなる飛躍を促した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top