HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子20km競歩・古賀友太「積極的に攻めよう」初の世界挑戦で日本人トップ12位/世界陸上
男子20km競歩・古賀友太「積極的に攻めよう」初の世界挑戦で日本人トップ12位/世界陸上

世界選手権初出場ながら、男子20km競歩で日本人最上位の12位と健闘した古賀友太

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目

ブダペスト世界陸上1日目のモーニングセッションが行われ、男子20km競歩で古賀友太(大塚製薬)が日本勢トップの1時間19分02秒で12位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

初めての世界大会ながら「積極的に攻める展開にしよう」と臨み、序盤から飛び出した池田向希(旭化成)を追う第2集団の中でレースを進めた。雷雨の影響でスタートが2時間遅れとなったが、「初めての経験だけど、自分だけじゃない」と、世界の強豪たちを相手に堂々と渡り合う。

中間点を過ぎて集団がばらけ始めても、「きつさもありながら少し余裕も残しながら」15kmまでは入賞ラインをキープ。ただ、そこから「何度かペースの上げ下げがあって、体力を使ってしまった」。それでも18kmを過ぎて日本人トップに浮上。8位と32秒差ながら、シーズンベストでフィニッシュした。

「世界の強豪のトップ選手と競い合えたことが楽しくて、楽しみながらレースができた」と手応えを口にした古賀。だが、「途中何度か沿道やテレビからの応援があると思って我慢していたけど、最後の3㎞で離れてしまった。目標は入賞だったので悔しいです」と振り返る。

3月の全日本競歩能美大会でブダペスト世界選手権派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破する1時間19分19秒をマークして優勝を飾り、「4枠目」の代表入りを果たした。福岡・大牟田高ではインターハイ5000m競歩を制し、明大では日本インカレ10000m競歩に2度優勝。各年代で日本の同世代をリードし、社会人2年目でついに初のシニア世界大会へ。

広告の下にコンテンツが続きます

レース前は「舞い上がる気持ちが大きかった」そうで、直前の延期で「落ち着くことができた部分があります」。日本の先輩たちが苦しむ姿、世界の強豪たちの歩きを肌で感じたことも貴重な経験となった。何よりも、「入賞できなかった」という悔しさは大きな糧となる。

「来年にはパリ五輪、その翌年には東京世界陸上があるので、メダルや入賞争いに絡めるような取り組みをしたい」。古賀はそう言葉に力を込めた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目 ブダペスト世界陸上1日目のモーニングセッションが行われ、男子20km競歩で古賀友太(大塚製薬)が日本勢トップの1時間19分02秒で12位に入った。 初めての世界大会ながら「積極的に攻める展開にしよう」と臨み、序盤から飛び出した池田向希(旭化成)を追う第2集団の中でレースを進めた。雷雨の影響でスタートが2時間遅れとなったが、「初めての経験だけど、自分だけじゃない」と、世界の強豪たちを相手に堂々と渡り合う。 中間点を過ぎて集団がばらけ始めても、「きつさもありながら少し余裕も残しながら」15kmまでは入賞ラインをキープ。ただ、そこから「何度かペースの上げ下げがあって、体力を使ってしまった」。それでも18kmを過ぎて日本人トップに浮上。8位と32秒差ながら、シーズンベストでフィニッシュした。 「世界の強豪のトップ選手と競い合えたことが楽しくて、楽しみながらレースができた」と手応えを口にした古賀。だが、「途中何度か沿道やテレビからの応援があると思って我慢していたけど、最後の3㎞で離れてしまった。目標は入賞だったので悔しいです」と振り返る。 3月の全日本競歩能美大会でブダペスト世界選手権派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破する1時間19分19秒をマークして優勝を飾り、「4枠目」の代表入りを果たした。福岡・大牟田高ではインターハイ5000m競歩を制し、明大では日本インカレ10000m競歩に2度優勝。各年代で日本の同世代をリードし、社会人2年目でついに初のシニア世界大会へ。 レース前は「舞い上がる気持ちが大きかった」そうで、直前の延期で「落ち着くことができた部分があります」。日本の先輩たちが苦しむ姿、世界の強豪たちの歩きを肌で感じたことも貴重な経験となった。何よりも、「入賞できなかった」という悔しさは大きな糧となる。 「来年にはパリ五輪、その翌年には東京世界陸上があるので、メダルや入賞争いに絡めるような取り組みをしたい」。古賀はそう言葉に力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top