HOME 高校

2023.08.03

女子400mは0.04秒差の激戦!市船橋・宮地利璃香が自己新の54秒24で制す「総合優勝を狙って」激走/北海道IH
女子400mは0.04秒差の激戦!市船橋・宮地利璃香が自己新の54秒24で制す「総合優勝を狙って」激走/北海道IH

インターハイ女子400mに優勝を飾った宮地利璃香

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~5日/北海道・札幌厚別公園競技場)

北海道インターハイの1日目が行われ、女子400mは前回5位の宮地利璃香(市船橋3千葉)が、赤坂美結(山形中央3山形)との最終盤の競り合いを制し、54秒24で初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

「本当にうれしいです。去年はマイル(4×400m)リレーで優勝しましたが、今年は最上学年として、個人でも優勝したいと思っていました。佐藤葵唯先輩(現・青学大)のような先輩になるためにも、ここで絶対に1位を取らないと、みんなに流れを作ってあげられないと思って走りました」

午前に行われた予選で全体トップのタイム(55秒21)をマークした宮地。通過ラインが過去最速の55秒01と高水準になった準決勝も、自身初の54秒台となる54秒41の自己ベストでトップ通過を果たした。

「楽しんで走れば絶対に良い記録は出るし、楽しまないと陸上の楽しさがわからないと思うので、予選は何かをぐちゃぐちゃ考えるより、まずは楽しんでやろうと臨みました。準決勝は速い選手が内側にいたので、正直2着かなと思ったのですが、競った時に行けると感じました。やっと54秒台が出せて良かったです」

多士済々のメンバーがそろった決勝は、「周りの選手もグイグイ来るので、最初からしっかり自分のレースをして、でも、最後の50mまで持つように前半であまり前腿を使わずに走る」というプランを描き、理想的な展開で最終コーナーをトップで入った。しかし、最後の直線で赤坂に逆転を許す。「少しあきらめかけた」という窮地で、再びトップの座を奪い返すことができたのは、「自分はたくさんの人に支えられている。自分の意志であきらめちゃいけない」という思いが働いたからだった。

広告の下にコンテンツが続きます

赤坂とほぼ同時にフィニッシュした瞬間は、「勝ったかどうかわからなかった」。電光掲示板を見て、ようやく「自分が1位になれたんだ」と実感したという。しかし、そこで派手なガッツポーツを見せなかったのは、「仲間の前で喜びたかったから」だと宮地。「チームは総合優勝を狙っているので、ここで自分が8点取って、周りの選手にも『私も行ける』という気持ちにさせてあげられたなら良かったです」と、その表情は充実感に満ちていた。

赤坂も自己ベストの54秒28で2位に入った。「宮地さんの調子がどんどん上がっているのがわかっていたので、決勝では1対1で戦うことになるかなと想定していました。でも、0.04秒差が大きいというか、そこを超えられなかったのが悔しいです」と肩を落とした。

前回4位の瀬田陽菜(東海大相模3神奈川)が54秒79で3位に。前回大会や南関東大会からしのぎを削ってきた宮地に対し、「素直におめでとうという気持ちです」と言いつつ、「先生にトロフィーを渡してあげたかった。徳島インターハイの雪辱は果たせませんでしたが、今度はリレーでチームのためにがんばりたいです」と、次なる戦いに気持ちを切り替えた。

文/小野哲史

広告の下にコンテンツが続きます
◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~5日/北海道・札幌厚別公園競技場) 北海道インターハイの1日目が行われ、女子400mは前回5位の宮地利璃香(市船橋3千葉)が、赤坂美結(山形中央3山形)との最終盤の競り合いを制し、54秒24で初優勝を飾った。 「本当にうれしいです。去年はマイル(4×400m)リレーで優勝しましたが、今年は最上学年として、個人でも優勝したいと思っていました。佐藤葵唯先輩(現・青学大)のような先輩になるためにも、ここで絶対に1位を取らないと、みんなに流れを作ってあげられないと思って走りました」 午前に行われた予選で全体トップのタイム(55秒21)をマークした宮地。通過ラインが過去最速の55秒01と高水準になった準決勝も、自身初の54秒台となる54秒41の自己ベストでトップ通過を果たした。 「楽しんで走れば絶対に良い記録は出るし、楽しまないと陸上の楽しさがわからないと思うので、予選は何かをぐちゃぐちゃ考えるより、まずは楽しんでやろうと臨みました。準決勝は速い選手が内側にいたので、正直2着かなと思ったのですが、競った時に行けると感じました。やっと54秒台が出せて良かったです」 多士済々のメンバーがそろった決勝は、「周りの選手もグイグイ来るので、最初からしっかり自分のレースをして、でも、最後の50mまで持つように前半であまり前腿を使わずに走る」というプランを描き、理想的な展開で最終コーナーをトップで入った。しかし、最後の直線で赤坂に逆転を許す。「少しあきらめかけた」という窮地で、再びトップの座を奪い返すことができたのは、「自分はたくさんの人に支えられている。自分の意志であきらめちゃいけない」という思いが働いたからだった。 赤坂とほぼ同時にフィニッシュした瞬間は、「勝ったかどうかわからなかった」。電光掲示板を見て、ようやく「自分が1位になれたんだ」と実感したという。しかし、そこで派手なガッツポーツを見せなかったのは、「仲間の前で喜びたかったから」だと宮地。「チームは総合優勝を狙っているので、ここで自分が8点取って、周りの選手にも『私も行ける』という気持ちにさせてあげられたなら良かったです」と、その表情は充実感に満ちていた。 赤坂も自己ベストの54秒28で2位に入った。「宮地さんの調子がどんどん上がっているのがわかっていたので、決勝では1対1で戦うことになるかなと想定していました。でも、0.04秒差が大きいというか、そこを超えられなかったのが悔しいです」と肩を落とした。 前回4位の瀬田陽菜(東海大相模3神奈川)が54秒79で3位に。前回大会や南関東大会からしのぎを削ってきた宮地に対し、「素直におめでとうという気持ちです」と言いつつ、「先生にトロフィーを渡してあげたかった。徳島インターハイの雪辱は果たせませんでしたが、今度はリレーでチームのためにがんばりたいです」と、次なる戦いに気持ちを切り替えた。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top