HOME 国内、世界陸上、日本代表
ブダペスト世界陸上競歩日本代表が合宿の模様を公開!20km史上2人目に3連覇に挑む山西利和「泥臭く積み上げたものが形になれば」
ブダペスト世界陸上競歩日本代表が合宿の模様を公開!20km史上2人目に3連覇に挑む山西利和「泥臭く積み上げたものが形になれば」

練習を公開したブダペスト世界陸上競歩日本代表(提供:日本陸連/共同通信イメージズ)

8月19日~27日にハンガリー・ブダペストで開催される世界陸上の競歩日本代表が北海道千歳市で直前合宿を実施。8月1日にその模様が公開された。

午前のトレーニング後、選手たちは集まったメディアの取材に応じ、男子20km競歩で史上2人目の3連覇が懸かる山西利和(愛知製鋼)は、「この合宿が終わればいよいよ出国。(本番が)迫ってきたなという感じです」と気持ちを引き締める。

広告の下にコンテンツが続きます

2連覇中の王者として、ワイルドカードで出場権を手にしていたこともあり、今年は冬場の国内レースを回避してブダペストだけを見据えて調整。5月にポルトガルで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールド「リオ・マイオール国際グランプリ」が今年の初戦で、1時間20分58秒で3位だった。

その後のトレーニングは順調で、「だいぶ上がってきました。あとはもうひとピースかなと思います」。大会のオープニング種目として行われることから、残り期間は2週間強。「地道に、泥臭く積み上げてきたものが形になればいい。最後は、『勝ちたい』という思いがどれだけはまるか。自分自身と対話していきたい」と山西は本番を見据える。

勝負どころは「後半の10km」と見ており、「後半のペースを誰が握るのか。その中で自分がどう立ち回るか」をポイントに挙げる。そのうえで、「後半の作り方に対して今年1年やってきたこと、これまでやってきたいろいろなことを出していきたい」。

競歩種目では2003年パリ大会~07年大阪大会のジェファーソン・ペレス(エクアドル)しか成し遂げてない偉業に向けて、「まずは今回、金メダル取れるようにがんばりたい。それが3連覇や、観ている人に何かが伝わるということにつながればといいと思っています」と力強く語った。

広告の下にコンテンツが続きます

また、東京五輪、前回大会ともにこの種目で銀メダルに輝いた池田向希(旭化成)は、「まだ時間があるので落ち着いています」と笑顔を浮かべる。

2月の日本選手権に初優勝し、3大会連続の代表に内定した後は、「土台作り」と「歩型の改善・改良」からスタート。「順調に、継続してトレーニングを積めました」と手応えを口にした。

東京五輪では銅メダルだった山西を上回ったが、前回はラスト勝負で山西のスパートに屈した。「山西さんもしっかりと合わせてくると思う。僕も負けじと、ベストコンディションに合わせたい」とライバル心を静かに燃やす。

日本選手権以来、約半年ぶりのレースとなるが、不安はない。「来年、パリ五輪があることで日本だけではなく、世界の国々も大事な大会にしている。だからこそレベルの高いレースになると思います。金メダル獲得を目標に、それでも気負わず、平常心を保って普段通りのレースをしたい」とまっすぐ前を見つめた。

広告の下にコンテンツが続きます

20km競歩の男子は大会初日の8月19日午前8時50分(日本時間午後3時50分)、女子は翌20日の午前7時15分(同午後2時15分)にスタート。35kmは男女とも大会6日目の8月24日午前8時(同午後2時)に行われる。

競歩陣は10日に出国で、来年のパリ五輪の事前合宿地を視察した後、現地入りする予定だという。

8月19日~27日にハンガリー・ブダペストで開催される世界陸上の競歩日本代表が北海道千歳市で直前合宿を実施。8月1日にその模様が公開された。 午前のトレーニング後、選手たちは集まったメディアの取材に応じ、男子20km競歩で史上2人目の3連覇が懸かる山西利和(愛知製鋼)は、「この合宿が終わればいよいよ出国。(本番が)迫ってきたなという感じです」と気持ちを引き締める。 2連覇中の王者として、ワイルドカードで出場権を手にしていたこともあり、今年は冬場の国内レースを回避してブダペストだけを見据えて調整。5月にポルトガルで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールド「リオ・マイオール国際グランプリ」が今年の初戦で、1時間20分58秒で3位だった。 その後のトレーニングは順調で、「だいぶ上がってきました。あとはもうひとピースかなと思います」。大会のオープニング種目として行われることから、残り期間は2週間強。「地道に、泥臭く積み上げてきたものが形になればいい。最後は、『勝ちたい』という思いがどれだけはまるか。自分自身と対話していきたい」と山西は本番を見据える。 勝負どころは「後半の10km」と見ており、「後半のペースを誰が握るのか。その中で自分がどう立ち回るか」をポイントに挙げる。そのうえで、「後半の作り方に対して今年1年やってきたこと、これまでやってきたいろいろなことを出していきたい」。 競歩種目では2003年パリ大会~07年大阪大会のジェファーソン・ペレス(エクアドル)しか成し遂げてない偉業に向けて、「まずは今回、金メダル取れるようにがんばりたい。それが3連覇や、観ている人に何かが伝わるということにつながればといいと思っています」と力強く語った。 また、東京五輪、前回大会ともにこの種目で銀メダルに輝いた池田向希(旭化成)は、「まだ時間があるので落ち着いています」と笑顔を浮かべる。 2月の日本選手権に初優勝し、3大会連続の代表に内定した後は、「土台作り」と「歩型の改善・改良」からスタート。「順調に、継続してトレーニングを積めました」と手応えを口にした。 東京五輪では銅メダルだった山西を上回ったが、前回はラスト勝負で山西のスパートに屈した。「山西さんもしっかりと合わせてくると思う。僕も負けじと、ベストコンディションに合わせたい」とライバル心を静かに燃やす。 日本選手権以来、約半年ぶりのレースとなるが、不安はない。「来年、パリ五輪があることで日本だけではなく、世界の国々も大事な大会にしている。だからこそレベルの高いレースになると思います。金メダル獲得を目標に、それでも気負わず、平常心を保って普段通りのレースをしたい」とまっすぐ前を見つめた。 20km競歩の男子は大会初日の8月19日午前8時50分(日本時間午後3時50分)、女子は翌20日の午前7時15分(同午後2時15分)にスタート。35kmは男女とも大会6日目の8月24日午前8時(同午後2時)に行われる。 競歩陣は10日に出国で、来年のパリ五輪の事前合宿地を視察した後、現地入りする予定だという。

女子20㎞・藤井菜々子「少しでもメダルに近い順位を」35㎞・岡田久美子「挑戦する気持ちを忘れずに」

■女子20km競歩代表 藤井菜々子(エディオン) 5月までは持久力を向上させる練習を積み、そこからスピードに切り替え、昨年はこなせなかった内容を入れて、前回大会とは違う練習を積んできました。距離への不安もなく、トップスピードも上がってきた。すごく自信がある状態です。7位、6位ときているので、少しでもメダルに近い順位を意識しています。少しでもトップ集団についていくこと、今回は日本記録(1時間27分41秒)に迫る記録も目標にしています。 ■女子35km競歩代表 岡田久美子(富士通) 6月は自分自身にあせりもあったけど、そこから立て直して、7月に入ってからはとても順調に練習を積むことができています。スピードよりもペース感覚を研ぎ澄ませるような練習、25kmや30kmという長い距離の練習ををやってきました。合格点を出せる順位は8位入賞。初入賞だった2019年ドーハ大会が6位。できればそれよりも上の順位を目指して歩き切りたい。挑戦する気持ちを忘れずに向かっていきたいと思っています。 ■男子35km競歩代表 野田明宏(自衛隊体育学校) 日本選手権(日本記録の2時間23分13秒で優勝)後は若干疲れが出ましたが、北海道に入ってからいい練習ができています。いい準備ができているので、自信があります。日本選手権前に土台はしっかり作れていたので、それプラス歩型の技術を変わらず突き詰めてきた。過去2回は途中棄権と9位。前回はあと8秒で入賞を逃したので、3度目の正直。タイム的にはメダルも見えてきているので、入賞と言わずメダルを目標に残り期間を取り組みたいと思っています。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top