HOME 高校

2023.06.19

今治明徳の投てき勢が連日躍動! 久門奨弥は砲丸投、ハンマー投の2冠 円盤投・田窪一翔は2年生V/IH四国
今治明徳の投てき勢が連日躍動! 久門奨弥は砲丸投、ハンマー投の2冠 円盤投・田窪一翔は2年生V/IH四国

四国大会男子砲丸投に15m16の自己新で優勝を飾った久門奨弥

◇インターハイ四国地区大会(6月17日~19日/香川・Pikaraスタジアム)2日目

夏の北海道インターハイを懸けた四国地区大会の行われ、男子投てきでは愛媛・今治明徳勢が活躍を見せている。

広告の下にコンテンツが続きます

1日目のハンマー投を制したのが久門奨弥(3年)だ。愛媛県大会で59m04を投げている久門は、1投目から56m58を投げて、トップに立つ。しかし、2投目以降に記録を伸ばすことはできず、「大きな記録を一本出せたら良かったですが、それが出なかったのはまだまだだと思います」と満足はしていなかった。

2日目の午前中に行われた円盤投では、田窪一翔(2年)が6投目に45m31を投げて優勝。「自己記録(45m33)より低い記録なので、満足はしていないです」と目標の47mに届かず、こちらも笑顔は見られなかった。

その中でも「1投目で記録を残して自分を落ち着かせることができて、6投目に記録を出すことができました」と試合運びには手応えを感じている様子。「インターハイでは50mを投げて優勝するのが目標です」と意気込んでいる。

そして、午後の砲丸投では久門が再び登場。「一番不安がある」と事前に話していた言葉とは裏腹に1投目からこれまでの自己記録(14m49)を大きく上回る14m98をプットしてトップに立つと、2投目には15m16とさらに記録を伸ばして他を寄せ付けなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

「最後まで何があるかわからなかったので。優勝できてほっとしています。1、2投目で記録を残せたのは成長かなと思います」と胸をなでおろした。

2日目終了時点で男子投てき4種目のうち、3種目を制した今治明徳勢。最終日の19日にも久門が出場する。やり投は昨年のU18陸上で6位入賞を果たしている久門にとって、最も得意とする種目。「65mが目標」と語っており、自身の投てき3冠、そして今治明徳による男子投てき完全制覇の偉業に挑む。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文・写真/馬場遼

広告の下にコンテンツが続きます
◇インターハイ四国地区大会(6月17日~19日/香川・Pikaraスタジアム)2日目 夏の北海道インターハイを懸けた四国地区大会の行われ、男子投てきでは愛媛・今治明徳勢が活躍を見せている。 1日目のハンマー投を制したのが久門奨弥(3年)だ。愛媛県大会で59m04を投げている久門は、1投目から56m58を投げて、トップに立つ。しかし、2投目以降に記録を伸ばすことはできず、「大きな記録を一本出せたら良かったですが、それが出なかったのはまだまだだと思います」と満足はしていなかった。 2日目の午前中に行われた円盤投では、田窪一翔(2年)が6投目に45m31を投げて優勝。「自己記録(45m33)より低い記録なので、満足はしていないです」と目標の47mに届かず、こちらも笑顔は見られなかった。 その中でも「1投目で記録を残して自分を落ち着かせることができて、6投目に記録を出すことができました」と試合運びには手応えを感じている様子。「インターハイでは50mを投げて優勝するのが目標です」と意気込んでいる。 そして、午後の砲丸投では久門が再び登場。「一番不安がある」と事前に話していた言葉とは裏腹に1投目からこれまでの自己記録(14m49)を大きく上回る14m98をプットしてトップに立つと、2投目には15m16とさらに記録を伸ばして他を寄せ付けなかった。 「最後まで何があるかわからなかったので。優勝できてほっとしています。1、2投目で記録を残せたのは成長かなと思います」と胸をなでおろした。 2日目終了時点で男子投てき4種目のうち、3種目を制した今治明徳勢。最終日の19日にも久門が出場する。やり投は昨年のU18陸上で6位入賞を果たしている久門にとって、最も得意とする種目。「65mが目標」と語っており、自身の投てき3冠、そして今治明徳による男子投てき完全制覇の偉業に挑む。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文・写真/馬場遼

インターハイ四国地区大会2日目の優勝者をチェック

●男子 100m    マルティネス・ブランドン・ボイト(四学香川西2香川) 10秒61(+0.4) 800m    井上友輝(英明3香川)    1分54秒13 400mH    川上大智(観音寺総合2香川) 52秒85 3000m障害  立花 晟(小豆島中央3香川) 9分19秒90 走高跳   難波康大(四学香川西2香川) 2m01 砲丸投   久門奨弥(今治明徳3愛媛)  15m16 円盤投   田窪一翔(今治明徳2愛媛)  45m31 ●女子 100m    恒石望乃(高知3高知)    11秒80(+0.7)=大会新 800m    杉村実優(四学香川西3香川) 2分09秒78=大会新 400mH    武田海愛(済美3愛媛)    62秒87 走高跳   越智心音(今治西3愛媛)   1m62 棒高跳   豊田ひなた(観音寺一3香川) 3m70 やり投   早野仁美(今治明徳3愛媛)  41m60 七種競技  中村紫里(四学香川西3香川) 3951点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top