HOME 高校

2023.06.18

棒高跳は日体大柏が男女V!村社亮太が5m21、吉澤珠理が3m91/IH南関東
棒高跳は日体大柏が男女V!村社亮太が5m21、吉澤珠理が3m91/IH南関東

23年インターハイ南関東大会の棒高跳で男女優勝を果たした日体大柏(千葉)の村社亮太(右)と吉澤珠理

◇インターハイ南関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)2日目

夏の北海道インターハイを懸けた南関東地区大会の2日目が行われ、有力選手がひしめく男子棒高跳は村社亮太(日体大柏3千葉)が5m21に成功した。

広告の下にコンテンツが続きます

今季ランキング上位がひしめく千葉勢。県大会は村社と宮嵜裕大(日体大柏3)が5m00で並び、試技差で村社が優勝。U20大会で村社と宮嵜がまたも5m00を跳び、4、5位を占めたが、県大会3位の鈴木拓実(成田3)が5m10で高校生最上位の3位となった。こうした激しいつばぜり合いの中から、村社が大きく抜け出したかたちだ。

「5m30以上を跳びにここに来ました。有言実行の優勝ができたのはうれしいですけど、5m21で終わったのは悔しいんで……」と村社。U20大会で5m10を跳んだライバルの鈴木が、さらに自己記録を伸ばしてくると想定。それを上回る5m30が勝利の条件になると考えていたのだ。

村社は4m90の1回目で身体が「流れる」かたちになり失敗。2回目の際、ポールの反発力を上昇方向へ得られるように「スイング」を意識し、綺麗に成功した。そこで快進撃の流れをつかんだと言う。

5m00の成功が村社1人になり、案外早く最大目標の「優勝」をゲット。しかしそこで気持ちを緩めなかった。「前日の北関東で原口(顕次朗、前橋育英3群馬)が5m07を跳び、負けたくない気持ちが強かったです」と村社。

広告の下にコンテンツが続きます

今季高校トップを狙った5m11。2回目にはバーに胸がかすっただけの惜しい跳躍が出て、成功までに試技を3回使ったとはいえ余裕があった。5m21の成功も、村社には通過点の意識だった。

5m31は使用するポールの硬度を上げて挑戦。疲れが出てきてポールを曲げ切れなかったが、課題を明確につかんでいる。

インターハイの目標は「(宮嵜との)ワン・ツーです。それから『日体大柏』の部旗を上げること。校名が変わって(2016年以前は柏日体)から、まだインターハイ優勝者が出ていないんです」。

続けて行われた女子棒高跳で、吉澤珠理(日体大柏3千葉)が3m91の大会新で優勝。「アベック優勝」を有言実行した2人が笑顔で健闘をたたえ合った。

広告の下にコンテンツが続きます

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/奥村崇
写真/船越陽一郎

◇インターハイ南関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)2日目 夏の北海道インターハイを懸けた南関東地区大会の2日目が行われ、有力選手がひしめく男子棒高跳は村社亮太(日体大柏3千葉)が5m21に成功した。 今季ランキング上位がひしめく千葉勢。県大会は村社と宮嵜裕大(日体大柏3)が5m00で並び、試技差で村社が優勝。U20大会で村社と宮嵜がまたも5m00を跳び、4、5位を占めたが、県大会3位の鈴木拓実(成田3)が5m10で高校生最上位の3位となった。こうした激しいつばぜり合いの中から、村社が大きく抜け出したかたちだ。 「5m30以上を跳びにここに来ました。有言実行の優勝ができたのはうれしいですけど、5m21で終わったのは悔しいんで……」と村社。U20大会で5m10を跳んだライバルの鈴木が、さらに自己記録を伸ばしてくると想定。それを上回る5m30が勝利の条件になると考えていたのだ。 村社は4m90の1回目で身体が「流れる」かたちになり失敗。2回目の際、ポールの反発力を上昇方向へ得られるように「スイング」を意識し、綺麗に成功した。そこで快進撃の流れをつかんだと言う。 5m00の成功が村社1人になり、案外早く最大目標の「優勝」をゲット。しかしそこで気持ちを緩めなかった。「前日の北関東で原口(顕次朗、前橋育英3群馬)が5m07を跳び、負けたくない気持ちが強かったです」と村社。 今季高校トップを狙った5m11。2回目にはバーに胸がかすっただけの惜しい跳躍が出て、成功までに試技を3回使ったとはいえ余裕があった。5m21の成功も、村社には通過点の意識だった。 5m31は使用するポールの硬度を上げて挑戦。疲れが出てきてポールを曲げ切れなかったが、課題を明確につかんでいる。 インターハイの目標は「(宮嵜との)ワン・ツーです。それから『日体大柏』の部旗を上げること。校名が変わって(2016年以前は柏日体)から、まだインターハイ優勝者が出ていないんです」。 続けて行われた女子棒高跳で、吉澤珠理(日体大柏3千葉)が3m91の大会新で優勝。「アベック優勝」を有言実行した2人が笑顔で健闘をたたえ合った。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/奥村崇 写真/船越陽一郎

インターハイ南関東地区大会2日目の優勝者をチェック!

●男子 400m    武藏大地(板橋3東京)  10秒59(-0.9) 5000m   平井璃空(拓大一3東京) 14分19秒17 400mH   志村 武(日本工大駒場3東京) 50秒92 4×100mR  城西(東京)       39秒95=大会新 棒高跳   村社亮太(日体大柏3千葉) 5m21 ハンマー投 古谷聖人(小田原城北工3神奈川) 61m56 ●女子 100m    杉本心結(市船橋2千葉)  12秒08(-1.9) 1500m   ジェシンタ・ニョカビ(白鵬女2神奈川)4分17秒31 400mH   村松瑠奈(八王子2東京)  59秒77 4×100mR  市船橋(千葉)      46秒13 棒高跳   吉澤珠理(日体大柏3千葉) 3m91=大会新 円盤投   桑原安那(平塚江南3神奈川) 38m43

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top