HOME 海外

2023.05.28

砲丸投ライアン・クルーザーが23m56!!自身の世界記録を19cm更新
砲丸投ライアン・クルーザーが23m56!!自身の世界記録を19cm更新

男子砲丸投第一人者のクルーザー(米国)。写真は2022年オレゴン世界陸上

WA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ゴールドのUSATFロサンゼルスグランプリが米国で5月27日に開催され、男子砲丸投でライアン・クルーザー(米国)が23m56の世界新記録を樹立した。一昨年に自身が作った23m37の世界記録を19cm更新。「すごく興奮している。洗練された一投という感じではなく、1トンのパワーが自分にあってそれを受けたかのように感じた」とコメントしている。

クルーザーは1回目から23m23、2回目に23m31と圧倒的なパフォーマンスを見せると、4回目に23m56をプット。砲丸投の砂場に設けられていた壁に当たりそうになるほどのビッグショットだった。

広告の下にコンテンツが続きます

16年リオ、21年東京と五輪で連覇しているクルーザー。叔父、いとこがやり投の五輪代表、父も円盤投の全国レベルという投てき一家に生まれ、ジュニア時代から世界大会で活躍してきた。地元で行われた昨年のオレゴン世界選手権では初優勝を飾っている。

今年2月にアイダホ州ポカテロで開催されたシンプロット・ゲームズで23m38を投げたが、サークルの設計に不備があったとして世界記録が取り消されていた。

WA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ゴールドのUSATFロサンゼルスグランプリが米国で5月27日に開催され、男子砲丸投でライアン・クルーザー(米国)が23m56の世界新記録を樹立した。一昨年に自身が作った23m37の世界記録を19cm更新。「すごく興奮している。洗練された一投という感じではなく、1トンのパワーが自分にあってそれを受けたかのように感じた」とコメントしている。 クルーザーは1回目から23m23、2回目に23m31と圧倒的なパフォーマンスを見せると、4回目に23m56をプット。砲丸投の砂場に設けられていた壁に当たりそうになるほどのビッグショットだった。 16年リオ、21年東京と五輪で連覇しているクルーザー。叔父、いとこがやり投の五輪代表、父も円盤投の全国レベルという投てき一家に生まれ、ジュニア時代から世界大会で活躍してきた。地元で行われた昨年のオレゴン世界選手権では初優勝を飾っている。 今年2月にアイダホ州ポカテロで開催されたシンプロット・ゲームズで23m38を投げたが、サークルの設計に不備があったとして世界記録が取り消されていた。

【動画】壁に当たりそう!クルーザーの世界新ビッグショット

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top